【淡路】ソーラーパネルで電源を確保しておけば、車中泊でも快適なネット環境が構築できます!

どうも!

2018年のGW後半は初めての車中泊で淡路島にきています。GW前半は台湾で親戚一同と会っていたこともあり、後半は一人で旅をすることにしました。

GWなのでどこに行くにもお金がかかる!(世間の休みを避けて旅行できない勤め人の辛いところ)

そこでずっと興味のあった車中泊をレンタカーで実行しましたが、事前準備をしておいたことでかなり快適な旅になっています。

sponsored link

車中泊に電源確保は必須!!

車中泊なので宿泊先でスマホやPCを充電することはできません。この電源確保が、車中泊をする際に快適に過ごすことができるポイントの一つだと思っていました。

中国にいるときから車中泊のブログを見ていたこともあり、モバイル機器を充電可能なソーラーパネルを購入していました。

そして、走行中もシガーソケットから電源をとることができるインバータも準備しておくことで、日中問わずかなりの時間帯で電源確保が可能になります。

実際にインバータとソーラーパネルをもっていたので、電源切れを起こすことなく夜中まで動画をみたりしていました。

ソーラーパネルとwifiルータの組み合わせは最強!

この写真は車中泊から起きだした朝に撮影した発電風景です。日当たりの良い場所にソーラパネルと充電したい機器を置いておくことで、ゆっくりとではありますが充電ができます。

ほかにも、気持ちの良い場所でソーラパネルにwi-fiルータとタブレットをつないでおくことで、太陽の状態にもよりますが、日が出ている間はずっと充電が減らずに音楽を楽しんだり、ネットができます。

ちなみにこの記事もソーラーパネル&wifiの組み合わせを使って、PCによるブログ執筆をしています。場所は海辺!(冒頭の写真です)

この技を使えば、人混みを避けて好きな場所でゆったりと時間を過ごすことができるようになりますよ!電波が入るとこじゃないとダメですけどね!

車中泊、癖になりそうです。

sponsored link

シェアする

フォローする