【中国・江蘇・無錫】無錫駅近く!中山路に位置するサービスアパート式ホテル「無錫紅豆柏雅居全套房酒店公寓」(Belgravia Suites)が便利でおすすめ!

シェアする

あけましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します。

2017年の年越は、上海在住の日本人家族宅にお世話になりました。留学時代から続いている縁ですが、毎年ここからスタートをするたびに、自分の立ち位置を確認することができます。2017年は「動く」をテーマに進んでいきます。

さて、今回は先月訪れた中国・江蘇省の都市で古くは三国志「呉」の発祥地となった無錫のホテルを紹介します。その前に、無錫がどんな都市かウィキから引用しておきます。

無錫市(むしゃく-し、中国語:无锡市、英語:Wuxi)は中華人民共和国江蘇省の南部に位置する地級市。

改革開放以来、急激に工業が発展し、とりわけ日本企業の進出が多い。長江デルタに位置し、東の上海からは128km、西の江蘇省省都・南京からは183kmの距離。東隣は蘇州市、西隣は常州市。
引用元:wikipedia

それでは、2017年第一弾のブログ更新です!

sponsored link

「無錫紅豆柏雅居全套房酒店公寓」(Belgravia Suites)は交通面でおすすめできる最高レベルです。

「無錫紅豆柏雅居全套房酒店公寓」は無錫空港から22kmの中心部に位置しており、タクシーで30分程度もあれば到着できます。実際に無錫空港からタクシーで移動しましたが、道に迷うこともなくすんなり行けました。

地下鉄1号線の勝利門駅がホテル地下で直結しており、交通面ではいうことなしです。

フロントも手際よく対応して頂けましたし、ストレスは殆ど感じませんでした。宿泊時は丁度クリスマス前でしたので、クリスマスツリーがありました。

エレベーターはカードをかざして乗るタイプです。外部から人が侵入できないので、安全面でも安心です。

朝食は7階で朝6時から提供しています。宿泊客は45RMBで食べられるみたいですよ。ぼくは食べませんでしたが。。。

ホテルのお部屋は高層階でリッチ感満載。

ホテルは51階建てのため、お部屋は基本的に高層階に位置しています。ぼくが宿泊した「CEOルーム」は37階(だったと思う)であり、窓から無錫の街が一望できました。

CEOルームはこじんまりとしたワンルームです。ソファが備え付けられており、ベット以外に居場所がないということもありません。

電子レンジも備え付けられています。上海や蘇州のようにファミリーマートで弁当が購入できるわけではないので、旅行や出張ではあまり活躍する機会はなさそうです。

バスタブとシャワールームが別々になっている造りの為、これについては得点が高いです。

家電は洗濯機や冷蔵庫が備え付けられているので、長期滞在者でも安心して宿泊できます。出張が多いぼくにとっては、洗濯機があるのは嬉しいですね。手洗いは大変ですし。

ちなみに、外出先で洗濯機を使用することを想定して、いつも小分けになっている洗剤をもちあるいています。サッとつかえてかさばらないので便利ですよ。個人的には、手洗いも考慮して液体タイプを使用しています。

ちなみに、部屋からみえる夜景はこんな感じです。ちょっとガスがかっていたのでクリアでは無いですが、遮るものがないので非常に気持ちよいです。

インターネットは繋がりが悪かったですね。結局ぼくはじぶんが使用しているワイヤレスカードを使いました。ここはマイナス点です。

情報デトックスのために宿泊するなら、全然問題ないですけどね。高層階から景色を眺めて考えを纏めるのは良さそうです。

ホテル地下のデパートにはモスバーガーがあります。

ホテルの地下にはモスバーガーがはいっています。中国にモスは少ないので、これは非常に重宝します。実際にぼくはモスで晩御飯を食べましたが、日本と遜色ありませんでした。どうやら、台湾資本のデパートが進出していてモスも一緒にもってきたようですね。

無錫で宿泊するならオススメのホテルです。

無錫で宿泊するなら、旅行にも出張にも使えてオススメなホテルです。

ぼくが今回宿泊したお部屋は、380RMB(約6500円)でした。変動するので確約はできませんが、お値段もリーズナブルだと思います。

ホテル:「無錫紅豆柏雅居全套房酒店公寓」(Belgravia Suites)
住所:江蘇省無錫市梁溪区中山路531号
電話:0510-81138688 (海外からは、頭のゼロを抜いて+86から始めましょう)

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②中国への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~