【台湾・桃園】4,000円代で泊まれる!中歴(中壢)の格安ホテルなら中歴大飯店が観光やビジネスにおすすめです!

シェアする

P_20160612_125411

こんにちは!のぶさんです。

先週は上海在住のBBT大学院同窓生の勉強会で、懇親会でのビール攻勢でかなり酔っぱらいました。お昼の勉強は、一般公開されていないトヨタグループ初の海外拠点跡で歴史についてまなんできました。※詳細は書けませんので残念。

先ほど、ちょうど台湾在住の著名ブロガーで「あしたはもっと遠くへいこう」を管理されている前原さんが、台湾の3000~6000円代のホテルについて興味深い記事を書かれていました。

以前、ぼくも中歴に出張した際にホテル側のダブルブッキングから、一泊500元(約1500円)のホテルに宿泊したことがあります。

残念ながら当時の記憶しかないのですが、「花様ホテル」という名前で内装が格安のムフフなホテルだったことは覚えています。壁がピンク色で、なんか恐怖を感じていたのは覚えています。

そんな台湾のホテルですが、ぼくが中歴で定宿にしている「中歴大飯店」は一泊1380元(約4300円)にも関わらず、ビジネスマンが普通に利用できるホテルです。

4300円だと名古屋ではちょっと泊まれないですね。

ぼくは2007年から中歴大飯店を使用しているのですが、愛着がありすぎて?いままで記事にしていませんでした。

今日はそんな中歴大飯店を紹介しちゃいます。

sponsored link

ところで、中歴(中壢)ってどこだ?

無題

中歴ですが、空の玄関である桃園国際空港から南に行ったところにあります。タクシーだと市街地まで30分程度、バスでも50分もあれば中心地に到着できます。

元々は中歴市だったのですが、今は桃園市中歴区となっています。

台北へもバスで50分程度、新幹線(高鉄)の桃園駅もあるので非常に便利です。

中歴大飯店(中壢大飯店)は、便利でコスパ高し!

P_20160611_175251

中歴大飯店は中歴駅から徒歩5分で立地もよく、バスターミナルからも徒歩5分です。

バスターミナルからは台北、桃園空港、新幹線(高鉄)桃園駅をはじめ、各地へバスが出ています。そのため、観光で訪れても非常に交通の便が良い場所にあります。

桃園空港から行く場合は、下記の方法があります。

  • タクシー・・・桃園空港から30分程度でホテルにつきます。メーターで600元(約1900円)。尚、ホテルから桃園空港へはホテルがタクシーを呼んでくれます。この場合は600元で固定制です。
  • バス・・・桃園空港から中歴駅までバスがあります。ほかにも、桃園駅経由でもいくことができます。こちらのほうが本数が多いので、空港⇒桃園駅で乗り換え⇒中歴駅といったほうが早いです。値段は70元程度だった気がします。(うろ覚えですいません)

ホテルの内部は独特な作りです

P_20160612_125345

ホテルは雑居ビルの4階にロビーがあります。目の前にきたらすぐわかるとは思いますが、道路から少し入ったところにあります。

P_20160612_125424

ホテルに向かうエレベータで行ける地下1階にあるカラオケです。大昔に一度だけ行ったことがありますが、昭和の匂いがプンプンして、場末感ばっちりでした。

カラオケも流行の歌なんてなく、上下真っ白のスーツを来た台湾人のおっさんが演歌を歌っていた思い出があります。

P_20160612_125301

ロビーは4階。客室は5~11階です。雑居ビルなので、オフィスや住人が普通におりますP_20160612_125522

4階でエレベータを降りると、左側が中歴大飯店のロビーです。右側はLED関連を扱っている会社です。

ロビーに入る瞬間に「こんにちは!ようこそ!」と、中国語の自動音声で出迎えてくれます。帰るときは、「ありがとうございます!またのお越しを!」と違う音声がさく裂します。

P_20160612_125633

ロビーです。写真の関係でキラキラしていますが、実際は落ち着いた雰囲気のホテルです。フロントの女性は日本語も通じますし、全然問題ないです。

お茶のサービスもありますし、中歴周辺の地図もあります。

朝食はフロントの向かい側にあるスペースで食べます。

P_20160612_125839

12階にはジムもあります。ダンベルとトレッドミルしかないですけどね。あ、バランスボールはありました。出張で鈍った身体を鍛えるにはもってこいです。景色はいいですよ。P_20160612_125929

ジムのトレッドミルから見える景色です。向こうに中歴駅が見えてます。右側は、一般市民の自宅ですね。

P_20160612_125739

ジムがある12階には、コインランドリーも完備されています。1回50元(約150円)で、洗剤も10元(約30円)で販売しています。乾燥機もついてますよ。

いよいよ、お部屋です。

P_20160612_125221

それではお待ちかね、お部屋に案内致します。

中歴大飯店は雑居ビルに入っているので、建物の左側がホテルになっています。右側は一般の住民が住んでいます。よって、こうして各階の客室はオートロック式のドアで安全を確保しています。

このドア欠点がありまして、ものすごく重いんですよね。女性が片手ではつらいかも。

P_20160611_180522

写真はツインベッドルームです。これで1380元(約4300円)になります。

テレビも日本の番組を見る事が出来ます。当然、Wi-Fiも使えますよ。

難点は空調が3段階でしか調整できないので、暑くないけど運転していると寒い、ってときに困ります。あとは、ドライヤーがやや小ぶりでしょぼいってことでしょうか。P_20160611_180615

お水のサービスがあり、冷蔵庫も完備しています。

廊下にウォーターサーバーが無料で使用できるようになっており、ここで冷水もお湯も両方もらえます。カップラーメンも作れるので、外に食べに行くのが面倒な時は重宝します。P_20160611_180538

ユニットバスではありますが、台湾では珍しくバスタブがついています。これは日本人には嬉しいですよね。

シャワーの水圧はMAXにすると痛いくらい強いです。

ホテル代は安いですが朝食はしっかりしてます。

4000円台なのに、きちんと朝食もついています。

P_20160613_084820

バイキング形式の朝食ですが、台湾料理と和食が置いてあります。サラダもありますので、朝から栄養満点の食事がとれます。和食系だと、味噌汁、納豆がありますね。P_20160613_085234

ぼくが頂いた在りし日の朝食です。

目玉焼きに白いご飯に納豆と味噌汁、完全に和食です。

ホテル最大のポイントはおもてなし度が高いこと。

中歴大飯店はこじんまりとしたホテルなので、店員さんも直ぐに顔を覚えてくれます。

なによりうれしいのは、名前で呼んでくれること。これはおもてなし度高いです。ぼくは2007年から定宿にしているのですが、電話で予約する際に声で聴き分けますからね

中歴の格安ホテルなら超絶オススメです。

駅や空港から近く、台北にもバスで行ける。それでいて4,000円台から宿泊できて、朝食がついているホテルはなかなかありません。

コスパが高くおもてなしに溢れている中歴大飯店、台湾旅行や出張には是非とも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?

①ホテル情報

名称:中歴大飯店(中壢大飯店)
住所:桃園市中壢區延平路 645 號 4 樓
TEL:03-4225871 ※国際電話の場合は、0を省略して+886-3-4225871
HP:http://www.chungli-business-hotel.com.tw/

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと、簡単にホテルが予約できます。中華圏のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②台湾への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
日本出国前にルーターもレンタルしておけば、現地到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~