【台湾・台北周辺観光・グルメ】猴硐(ホウトン)猫村で駅真下の「喵喵美食坊」で絶品牛肉麺を食事してきました!

観光地で食べるご飯は、旅先の特別な雰囲気も手伝って何倍も美味しく感じられますよね。ぼくも、毎回訪れる旅先でのご飯は一番楽しみにしていることのひとつです。

今回訪れた猫村である猴硐でも、シンプルだけどスープと麺が絶妙に絡めあう牛肉麺を頂いてきました。ちょうど雨も降っていて肌寒いときだったので、暖かい牛肉麺は身体の芯まで沁み渡りましたよ。

sponsored link

喵喵美食坊 行き方

喵喵美食坊は侯硐駅の真下にあります。猫村側ではなく、炭鉱側に階段を下りていくと直ぐに見えてきます。

お店

お店は階段の真下にあります。こじんまりとした造りになっていて、お店の正面で麺を作っているところをみることができます。

店内はカウンター席とテーブル席で構成されています。決して広いとは言えない店内なので、御昼どきなどの込み合う時間帯は、隣のお客さんと譲り合って座る必要があります。

料理は運んできてくれますが、お箸や調味料はセルフサービスになります。

食事メニュー

メニューは、牛肉麺やジャージャー麺等といった麺類と、関東煮と呼ばれる台湾のおでんになります。ほかにも、セットでスープの無い麺(ミニ)と魚の団子スープが50NT$で提供されています。

お店の正面で作っている関東煮です。台湾のおでんですね。いか団子とか肉団子、そして大根もありました。

今回は牛肉麺、ジャージャー麺と大根スープを頼みました。

今回は看板メニューの牛肉麺とジャージャー麺を注文しました。ついでに寒かったので、大根スープもチョイスです。

牛肉麺です(100NT$)。最初に出てきた時は、シンプルすぎたので期待しておりませんでした。しかし、一口スープを飲むと期待を裏切るかのようにしっかりとした味わいのあるスープです。麺とも絡み合っていて絶妙の味付けです。

一緒にいった友人が頼んだジャージャー麺はスープがないので、別に大根スープも付けていました。ひき肉と豆腐を干したものが入ったシンプルなものです。見た目と違って辛くなく、マイルドな味付けでした。

大根スープはやさしい味わいのスープと、味がしみ込んだ大根が最高でした!

今回はこれで190NT$でした。意外に観光地価格していなくて良かったです。

総評

シンプルな味付けでしたけど、期待を上回る美味しい牛肉麺を頂くことができました。お好みで調理料を加えられたのも良かったです!

お店:喵喵美食坊
住所:No. 70, Chailiao Rd, Ruifang District, New Taipei City, 台湾

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと、簡単にホテルが予約できます。中華圏のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②保険からショッピングまで海外出張や旅行に便利な13種類のクレジットカードに関するお得な情報はこちらです。

・ 海外で役立つクレジットカード13選!

③ネット関連
日本出国前にルーターもレンタルしておけば、現地到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~