【旅ラン・大阪】残暑の中、ビブラムファイブフィンガーズ&裸足でランニング練習してきたよ。

こんにちは!のぶさんです。

暑かった8月も終わりを告げて、もうすぐ9月になろうとしています。今年は中国から帰ってきて新生活を始めるタイミングで、これまで興味を持っていたことにチャレンジしてます。

その一つが裸足で走ること。つまり、裸足ランニングですね!

2010年のハーフマラソン以来、ゆるゆるとフルマラソンをつづけていますが、全てランニングシューズを履いていました。

裸足でランニングしているランナーは知っていたのですが、興味はありながらも裸足で走ってみる勇気がなかったのです。

今回は6月から続けているビブラムファイブフィンガーズと、ちょっとだけ裸足の組み合わせで大阪を気持ちよくランニングしてきました。

sponsored link

ぼくがランニング使用しているアイテム

ぼくが普段ランニングで使用しているアイテムは至ってシンプルです。

素足感覚に近いシューズで5本指のフォルムでも有名なビブラムファイブフィンガーズ。

小銭や携帯などの小物を入れるアイテムです。

アイテム① ランニングシューズ

なんといってもシューズがないと始まりません。まあ、裸足メインで走ることができるようになればこれも必要なくなるのかもしれませんが。


5本指の独特なスタイルなので、実際に街中で見たことがあるかもしれません。

普通のシューズは分厚いソールでクッション性を持たせていますが、ビブラムファイブフィンガーズはクッション性がほぼゼロです。

それでも裸足でランニングした後にビブラムファイブフィンガーズを履くと、クッション性を感じることができますよ。

それくらい、普通のランニングシューズにはクッション性が盛り込まれてます。

アイテム② ウェアラブルバンド

2つ目のアイテムは、シューズより重要な小物入れです。

スマホや小銭をポケットに入れていると落ちる可能性があるし、手に持って走るほど邪魔なものはないです。

ポーチやリュックタイプもたくさんあるのですが、ぼくは最終的に腰に直接巻き付けるウェアラブルバンドを使用しています

これを腰に巻くだけで小銭からスマホまで収納できちゃいます。

サイズを選べば揺れることもないですし、できるだけ身体に何も身につけたくない人はおすすめです。

ぼくもこれを使用して以来、ほかのアイテムは全て捨ててしまいましたw

大阪ランニングをお楽しみください。

今回は日曜日の午前からゆるゆると17kmほど走りました。

路面が暑すぎて裸足の時間は僅かでしたけど、ビブラムファイブフィンガーズで最長記録でした。

大阪の新世界近くにある新しいシンボル「あべのハルカス」も、ランニングで颯爽と駆け抜けます

住之江区では加賀屋天満宮でお参り。学問の神様とされている菅原道真を祭神としています。

こんな橋だってランニングしちゃいます。心拍機能と脚の両方に効果的なトレーニングです。橋は最高ですよ!

この橋付近から裸足にチェンジ。

路面が暑すぎて2km程度しか走っていないけど、路面の衝撃を直に感じられるので気持ちがよいです。まだビギナーなんで、皮はめくれますけどね。

歴史的に沖縄からの移住者が多い大正区では、沖縄で見れる景色があります。

沖縄料理屋さんも数多くありますね。

商店街であるサンクス平尾に入ると、そこはもう沖縄です。

こうしてランニングするだけでも、たくさんの発見があって本当に飽きません。

自分の足で進める贅沢と達成感が、余計に新鮮な気持ちを運んでくれるのかもしれないですね。

休日のランニング、ゆるゆるといきました。

最後は道端で見かけた黒豚ちゃんのショットでお別れです。

大阪の街を感じながら、充実したランニングでした。