【中国・深セン・華強北路】地下鉄華強路近くで電脳街からすぐそこにある「吉野家」で牛丼を堪能してきた。

シェアする

中国で生活し始めて8年が経過していますが、広東省に在住しているにも関わらず深センにある世界最大の電脳街「華強北路」を訪れたことがありませんでした。

ぼくが敬愛する一人であるハイパーメディアクリエイターの高城剛氏も絶賛しており、これまでもずっと「行かねばなるまい」と心には秘めておりました。今回はその重い腰?を上げて、住んでいる順徳からバスではるばる2時間かけていっていました。

で、世界最大の電脳街「華強北路」の記事はコチラを見て頂くとして、今回は華強北の電脳街からすぐそこにある吉野家に行ってきました~!

「え?中国で深センなのに、なんで吉野家なんかいくんだ。もっといいとこ行けよ」

そんな声が聞こえてくるようですが、ぼくが住んでいる広東省は最大の街広州市ですら吉野家なかったんだよ~!吉野家が広州市に進出してきたのは、この数年なんです。

吉野家を大学時代から愛してやまないぼくは、日本に一時帰国しても、台湾へ出張しても吉野家ばかりいっています。これ、ほんとですから!

深センの吉野家も日本の味を守っていて、涙が出るくらい美味しかったですよ。ああ、順徳にも吉野家進出してこないかな~。って、吉野家レポートです。

sponsored link

華強北 吉野家国科店 行き方

今回は世界最大の電脳街の華強北界隈から、すぐ近くにある吉野家にお邪魔しました。今回は華強北に1泊2日で遊びに行ったので、宿泊していたホテルからも歩いて5分程度だったんですよね。

店舗:吉野家国科店
住所:国際科技ビルの1階店舗です。

電話番号:0755-83766677

吉野家国科店は、最寄りの地下鉄「華強路」のC出口から出ると一番近いです。C出口を出て西側へ道路沿いに進むと左側にお店が見えてきます。

駐車場はお店の前に有料駐車場がありますが、狭くて不便そうだったので歩いていくほうが良いかもしれません。

ぼくは歩いていきました。中国で車は運転していないのもありますけどね。

店舗内

中国の吉野家店内は日本のようにカウンターではなく、テーブル席で構成されています。今回お邪魔した店舗は、入口付近に2人掛けのカウンターがありました。カップルとかおひとりさまが使うにはいいですね。入口付近なので、落ち着かないと思いますけど。

中は広めで、奥にもテーブル席があります。このあたりはゆっくりとお喋りしながら食事を楽しむ中国らしさがでていますね。

日本だと吉野家はカウンターでひたすらかっ込む!って感じですもんね。中国は食事は何よりも大切なので、ゆったりと食べるんですね。

中国吉野家のメニューは種類豊富です。

中国の吉野家は牛丼のほかにも、鶏肉丼やキノコ丼、そして牛肉ときのこが合わさったダブルなんてのもあります。牛丼と鶏肉丼が合わさった「双宝飯」なんてお得ですよね。

中国吉野家と言えば、麺類もしっかりおいてあります。ラーメンでは無くて牛肉麺です。

関西風すきやきと九州博多味噌鍋なんてのもありました。ここまでくるとなんでもありです。

そして極めつけがサバ定食。てっきり朝食メニューかと思いきや、午後2時以降のていきょうなんですって。サバ定食、ちょっと興味ありますよね。吉野家じゃなくて、定食屋みたいになってるよ。すげえな。

定番の牛丼にサラダ&スープセットです。

今回は定番の牛丼を注文しました。サラダとスープセットにして、合計で36元(約600円)です。スープは元々コーラなどの飲料だったんですが、店員さんにスープにしたいと言えば変更可能です。

スープは味噌汁ではなく、たまごとわかめが入っているタイプです。ふんわりとしたやさしい味でした。上海のすき家は味噌汁あったんですけどね。

肝心の牛丼は日本と違って少ししょうゆ味が強かったものの、安定の味付けで思わずほっこりしてしまう旨さです。七味があると最高なんですけど、カウンターにも七味の袋は見つけられませんでした。

この日も一日一食でしたので、黙々と牛丼を口に運びます。これさえあれば幸せです。生まれてきて良かった。

深セン 吉野家国科点 総評

深セン華強北にある吉野家は、安定して日本の味を提供してくれます。牛丼以外のメニューも充実しているので、華強北の電脳街攻略が終わったらここで打ち上げなんていいですよね。

深セン華強北の吉野家、美味しゅうございました!心ゆくまで堪能しましたよ。

吉野家国科店 店舗情報

店舗:吉野家国科店
住所:

電話番号:0755-83766677

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②中国への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~