【中国・上海】海外経験ゼロで起業した美容師が教えてくれた成功する為に必要な1つのこと。

シェアする

DSC_0151

どうも!のぶさんです~。

先週の台湾出張から東京での落合氏のイベントセミナーを得て、現在は上海にきております。丁度今月末で居留証のビザが切れるので、その更新にドタバタしているところです。

そうれはそうと、髪の毛をいつもカットして頂いているオーナー兼スタイリストさんから、強烈な起業経験による人生レッスンをうけることができています。

知らず知らずにうちに、あるわけない人生の答えを探している自分に気が付くことができました。

昨年からカットしてもらっているそのオーナー兼美容師さんなのですが、33歳まで中国とは全く関係なかったのに、中国で美容院を起業してしまった凄いヒトなんです!

昨年定期的に通い始めて以来、起業当初の苦労話からぼくの相談まで色々ときいてもらっていました。

sponsored link

失敗するリスクのある起業なのに、海外では更に難しい。

33歳で中国に自分も店を出そうと考えてから、2年間は準備をしてきたとそのオーナさんはいいます。

しかし、その準備期間を経て起業したお店ですが、3か月で失敗。

そのときに投資した600万円も失ってしまったと教えてくれました。

失敗後はチーズを買うお金もなく、自分で荷物をもって他のお店に出張して食いつないでいたようで、その期間は本当に辛かったと言っていました。

ぼくが通っていたときは既にスタッフも増えており、順調に経営を続けているときでした。それでも、起業当初のお話を毎回して下さり、思い出すたびに当時の気持ちも教えてくれました。

ぼくの背中を押してくれた一言。

最初のお店は失敗したものの、その後ある日本人と出会って一緒にお店をやろうということになったようです。

ただし、今のお店である2店舗を出す前に周囲から猛烈な反対にあったと教えてくれました。

きっと相談を受けた周囲の皆様は、これまで自分が受けてきた教育や培った経験から「正しい」ことの観点から判断したのだと思います。そのため、自分の回答に照らし合わせて答え合わせをすると間違っていたので反対したと。

中国に進出する時も反対されたが、2回目にお店を出そうとしたときはもっと反対された。旦那にも両親にも反対されて、見ず知らずの人にも反対された。でも、1人だけ、「あなたは必ず成功するから、自分を信頼して挑戦しなさい」と言ってくれて、涙が出た。

だからそのオーナーは何かに挑戦をする人に対しては絶対反対せず、「自分は誰かが挑戦を表明した際には、必ず支持するようにしている。」と言っていました。

そこでぼくに行ってくれた言葉が、

失敗しても借金は無く、ゼロになるだけ。自分が思ったら行動するべき。

というものでした。

そして、

これから挑戦するときには失敗した時の経験があるから、同じような失敗はしないよ。

と最後に締めてくれました。

これはチャレンジして失敗した人だけが経験できたこと。

なにより、失敗を重ねても最後に成功したからこそいえることだと思います。

昨年のぼくは進む先に漠然とした不安を感じていましたが、かといって頭の中とネットの前でグルグルと思い悩む日々が続いていました。

周りの友人に相談をしたりしていましたが、殆どが反対意見であって肯定的な意見はありませんでした。

そのような状況のなかでオーナーが掛けてくれた上記の言葉は、悩み過ぎて何もできなくなっていた自分をなにかから解放してくれるようでした。

同時に初めての海外で起業して600万円を失いながらも、反対にへこたれずに挑戦を続けてきたオーナーの存在に、自分はもっともっとできると思われて頂いたのも事実です。

人生において大切なモノを沢山教えてもらった美容院です。

毎月1回の人生人間模様の講座みたいな感じでした。

自分の気持ちに素直になって行動する事、そしてそれを支えてくれる存在が重要なんだと気が付かせてくれた美容院でした。

さいごに

キンドルの読み放題で偶然見つけた本ですが、正しいこと縛られていることが苦しみを生んでいるという内容にいろいろと考えさせられました。容量は多くなくサクッと読めます。タイトルはドキッとしますけど。※2017年1月追加しました。