【中国・上海】出張や観光の移動に便利!上海浦東空港の長距離バス乗り場について使い方を解説するよ!

シェアする

どうも!のぶさん(@nobu3manyu)です。

上海浦東空港から蘇州などの近郊都市へ移動する場合、浦東空港内部の長距離バス乗り場が便利です。

今回は実際に、ぼくが蘇州行バスのチケットを購入するまでをみなさんと一緒にみていきたいと思います。バスターミナルの場所から始めますのでご安心ください。では!

※蘇州から浦東空港へ直接戻ってこれるバスについて記事を追加しました。

参考記事:【中国・江蘇・蘇州】超便利!工業園区から上海の虹橋空港及び浦東空港へ直行できるバス乗り場を紹介します。

sponsored link

昆山や蘇州等の上海近郊から他の主要都市まであります。

改めて、上海浦東空港から長距離バスで行ける都市を紹介しておきます。

※ 尚、詳細はこちらから公式HPで行き先と時刻表を確認できます。

・行き先 ※()内は実際の中国語表記です。

杭州、嘉興(嘉兴)、義烏(义乌)、青田、温州、蘇州(苏州)、張家港、湖州、常州、太倉(太仓)、南通、昆山、起東(启东),無錫(无锡)

蘇州や杭州等、近郊の重要な都市は大体押さえてあります。

浦東空港 バス乗り場への行き方

上海浦東空港の長距離バスターミナルは、第一ターミナルと第二ターミナルの間に位置しています。ターミナル間は3本の連絡通路で繋がっていますが、バスターミナルに行くには真ん中に位置している連絡通路を使う必要があります。

第二ターミナルの2階到着ロビーから向かっているところ。真ん中の通路は「五州中路」といいます。この通路を第一ターミナル側に向かって歩いてください。

尚、第一ターミナルから向かう場合は、中二階にあがり真ん中の通路を第二ターミナル側に進んでください。後述するホテルまで行くと行き過ぎです。

5分ほど歩くと、丁度中間地点に位置する空港ホテルがみえてきます。ホテルの両側には、それぞれ地下鉄とリニアの発着駅があります。ここを超えると第一ターミナル管轄に入ります。

さらに第一ターミナルに向かって進んでいくと、長距離バスターミナルの案内が見えてきました。※五州中路内も2本の通路があるので、第二ターミナルから向かう場合は右側、第一ターミナルから向かう場合は左側を歩いてください。

つきました!長距離バスターミナルの入り口です。

エスカレータを降りた左側が入口です。座っているみなさんは、なにもしていない人か白タクの客引きです。声を掛けられますが、気にせず進みましょう。危害は加えられません。

エスカレータを降りたら左に進みましょう。

なかに入って少し進むと、右手側にこのようなチケット売り場があります。店員さんが座っている窓口が販売中です。現金と中国の銀聯カードが使えます。

チケットが無事に購入出来たら、荷物検査を抜けて待合室にむかいましょう。荷物検査はカバンも含めて全部通してください。ぼくは8年近くバスに乗っていますが、一回も止められたことはありません。

待合室の左手奥がバス乗り場です。出発10分前から案内が始まります。表示は蘇州行です。それぞれの行き先が表示されますので、不安な場合は近くのベンチで待っていれば安心です。

待合室には自動販売機とトイレはあります。食料は売っていません。道中何かつまみたい場合は事前に空港内のコンビニで調達しましょう。空港内にはファミマが沢山あります。

長距離バスの内部はどんな感じ?

バス車内はこんな感じです。とくに汚れているわけではないですが、日本の高速バスに比べると窮屈です。お客さんがいない場合はゆったり乗れます。欧米人や韓国人なども良く乗ってますので、スリにあうようなこともないでしょう。

(※日本と同じ感覚だとやられますので注意は必要です)

蘇州からも浦東空港へバスで移動できます。乗り場及び利用方法の詳細はコチラの記事を参照ください。

参考記事:【中国・江蘇・蘇州】超便利!工業園区から上海の虹橋空港及び浦東空港へ直行できるバス乗り場を紹介します。

上海浦東空港 長距離バス 乗り場

以上、【中国・上海】出張や観光の移動に便利!上海浦東空港の長距離バスターミナルについて使い方を解説するよ!、、、でした。空港から直接移動ができると時間が有効に使えて旅が楽になります。

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②保険からショッピングまで海外出張や旅行に便利な13種類のクレジットカードに関するお得な情報はこちらです。

・ 海外で役立つクレジットカード13選!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~