セゾンカードから楽天カードに変更した際に知っておくべきご利用可能額の回復時期

令和初のGW明け早々に楽天銀行がシステム障害で世の中を騒がせていますが、今年2月から楽天経済圏に飛び込んだぼくとしても他人事でありませんでした。(実際には楽天銀行なので、クレジットカードには影響なかったです)

楽天カードは通常毎月27日に利用金額を引き落とすのですが、4月は27日がお休みでしたので、前日の26日ではなくGW明けの7日に引き落とされる予定になっていました。

これまで僕は永久不滅ポイントに惹かれてセゾンカードを利用してましたが、楽天経済圏及び楽天ポイントが現金のように使えることを知り、今年2月に楽天カードに乗り換えていました。

楽天カードは発行から半年は利用可能額を増枠できないので、ぼくのカードは100万円が利用可能額となっていました。私生活のみならず出張精算も同じカードで行っているので、100万円の利用可能額は長期出張が続いた場合、引き落とし直前は利用可能額が少なくなってしまうことがありました。

実際に4月の引き落とし前の利用可能額は10万円ちょっとでした。

楽天カードのご利用可能額は引き落とし後も直ぐに回復しない

10数年セゾンカードを使い続けてきたので、楽天カードもてっきり引き落とし完了と同時に利用可能額に反映されると考えてました。しかし、GW明けの7日に引き落とし完了後も利用可能額は回復していませんでした。

5月7日引き落とし後のご利用可能額

3月と4月は長期で海外出張があったので、ホテル代などが多くかかっていました。それに私生活の支払いも含まれるので、5月7日時点で利用可能額が5万円くらいしか残ってませんでした。

そこにきて5月8日からまた海外出張でカードを使用する予定があるため、5万円の利用可能額は心もとなさすぎます。

セゾンカードは即日回復でしたので、てっきり楽天銀行のシステムトラブルが影響して、他の楽天サービスも障害が出たのかとも思いました。が、Twitterで検索してみるとクレジットカードへは影響はでていなさそう。

こりゃー、なんかあるな!

そこで、ネットを使って調べてみると楽天カードに説明が記載してありました。下記、楽天カードのページから回答を抜粋しておきます。

カードのご利用可能額への反映は、お引き落とし結果の情報が金融機関から弊社へ到着してからとなります。
通常約2~4営業日のお時間がかかり、金融機関によって異なりますのでご了承ください。
※限度額の枠がいっぱいになっている場合は、お引き落とし結果の情報が反映するまでカードはご利用いただけませんのでご注意ください。
 
単純に金融機関からの連絡が来るまで回復しないのが理由でした。セゾンカードは金融機関からの連絡を待たずに即日回復させるため、利用可能金額は引き落とし日へ反映できているとのことでした。

カード会社を変えるときは利用可能金額の反映時期を確認しておこう

楽天カードへ移行したことによって利用可能金額の回復時期は、会社によって違うことを初めて知ることができた。幸い生活に影響が出ない範囲だったが、このことを知らずに現金を持ち合わせていなかったら面倒な事態になっていたと思う。

利用金額の回復時期なんて気にしていなかったけど、カード会社を変えるときは留意するべき点の一つになると思う。ぼくのように知らずに変更して、思わぬ事態に陥ることもあるからだ。これって人によっては結構デメリットかもしれないね。

知らずに限度額まで使ってこうならないようにしよう。