糖質制限中の食事メニュー!肉体改造のために創立100年「伊勢の卵」を使った「野菜丼」作ってみた。

シェアする

DSCN0146

どうも!のぶさん(@nobu3manyu)です。

日本では当たり前の生卵、海外では衛生面からちょっと抵抗があるんです。でも、中国には「伊勢の卵」と呼ばれる生でもイケる卵が存在します。

日本で創立100年の歴史を誇る「イセ食品株式会社」が、中国でも会社を作って販売しています。伊勢の卵のおかげで、半熟卵も目玉焼きも、卵かけごはんもできるようになっています。

糖質セイゲニストはたんぱく質の確保が必須なので、伊勢の卵は本当に助かります。今日のお昼は伊勢の卵をつかって、野菜丼を作ってみました。

sponsored link

野菜丼 レシピ

DSCN0147

材料は、もやし、ニラ、紫キャベツ、キャベツ(残り物)、とりのささみです。これをチャチャっと炒めたあとに、新鮮な伊勢の卵を生で上から落とします。

DSCN0151

炒めているところです。特に特別な調理方法ではないです。オトコの一人暮らしですから。

DSCN0153

隠し味に、沖縄旅行でお土産に買ってきた「島とうがらし」を入れます。スパイシ~!あ、塩コショウも忘れずに。

DSCN0155

最後に伊勢の卵を落として、これまたたんぱく質であるパルメザンチーズをかけて完成!たんぱく質が足りないと感じたので、冷蔵庫にある豆腐も加えました。

完成で~す!!

さて、お味は?

たんぱく質を確保する為に特化した味です。もっと料理が上手なら良いのですが、なかなか上達しません。たんぱく質の量を気にしなければ、炭水化物をメインにもってくるんですけどね。