【シンセン(深圳)→大連→広州】エコノミークラスのグルメレポート!中国南方航空の機内食を食べ比べてみた!!

シェアする

DSCN0095

どうも!のぶさん(@nobu3manyu)です。

大連ではPCが故障するというアクシデントがありましたが、無事に広州に戻ってきました。今はサブのSONY VAIOを使っています。さすがにキーボードが変わると、打ちづらいです。

さて、今週は東北部の都市、大連へ出張してきました。

中国は広いので、省外出張は大体飛行機を使います。今回の大連も、最南端の広州から飛行機で4時間近くかかります。沖縄から名古屋まで2時間なので、国土の大きさがわかりますね!

日本のJALやANAのように、中国もフラッグシップの中国国際航空をはじめ、たくさんの航空会社があります。その数も多く、中国南方航空や中国東方航空、LCCではOK航空なんてあります。

南方航空の紹介は別の機会に記事にするとして、今回は中華系エアラインの機内食に注目しました。

sponsored link

中国南方航空国内線の機内食ってどんな感じよ?

ふだん日本のエアラインを使用される方は、中国国内線の機内食がどんなものか触れる機会がないでしょう。基本的にはごはんものや麺類が多いです。たまにおかゆや饅頭もでます。

各社ともそれなりに特色があります。四川省を拠点にしている四川航空に乗ったときの機内食は、味付けが辛かったです。。。四川料理のお膝もとですから。軍隊系の中国連邦航空に乗ったときはミリ飯を期待しましたが、普通のごはんものでした。

行き・シンセン(深圳)→大連

行きは香港の玄関口でも知られるシンセン(深圳)から出発しました。機内食はこんな感じでした。

DSCN0102

ごはんものにデザートですね。デザートはパイナップルゼリーとチョコレートでした。ごはんものの付け合せにザーサイもありました。このザーサイは塩辛いのですが、癖になります。

DSCN0103

ごはんものはこんな感じ。チンジャオロース風でしたけど、肉がイマイチでした。行きのフライトはプレミアムエコノミーだったので、さらに別途支給のパンがつきます。

帰り・大連→広州

帰りはお昼時のフライト。

帰りは普通のエコノミークラスなので、別支給のパンはつきません。よって、こんな感じ。

DSCN0120

行きと違ってごはんものと、なにやら箱がついてきました。

DSCN0121

箱の中身は、みかん、ピーナッツ(下の袋)、ザーサイ、パン、そしてごはんもの。ザーサイは必需品のようです。ごはんものは、さかなごはんでした。調理方法は不明です。たぶん、魚香肉絲(ユーシャンロース)です。これにドリンクサービスがつきます。

さて、機内食のお味は?

DSCN0119

おなかを満たすだけの食事といえます。まずくはないですよ。中国国内を旅される方、くれぐれも機内食は期待しないでください。

PS

最後に、南方航空国内線でコーヒーを頼むと、ものすごく甘いコーヒーがでてきます。ブラックコーヒーは標準ではでてきません。ビジネスクラスに乗るとブラックがあるので、ブラックを指定したらでてくるかも。(未確認)

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②中国への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~