【大阪・ランチ】梅田駅の食堂街にある「笑卵(わらう)」の卵かけごはんが絶品なのに安くておすすめ!

どうも!のぶさんです。

中国から日本に拠点を移しても、毎日の食事は夜の1食のみで自炊が基本です。というのも、スーパーで売っている刺身の質と安さの虜になってしまい、毎日のように刺身をおかずに玄米を食べています。

5kgの玄米が2000円とすると、一食あたり100円を切ります。これに300円程度する刺身を加えても500円以下で大満足の晩御飯ができます。中国の物価は日本より高いと思っていますが、日本は実際に食べ物の物価は安いですよ。

おっと、話がそれました。

今回は近々台湾へ行くので、お土産を買いに梅田にある阪急百貨店に用事がありました。日曜日ということもあり、勝手にチートデイと称してランチを梅田で食べようと考えました。

その際に阪急百貨店の近くにはお店が沢山あるので、阪急百貨店横にある梅田食堂街に行ってきたという訳です。

sponsored link

うどんや親子丼、そして卵かけごはんがウリの「笑卵」

ワンコインでランチが食べられる「笑卵」は、梅田の阪急百貨店近くにある新梅田食堂街の中にあります。

お店情報:笑卵
住所:大阪府大阪市北区角田町9−26
営業時間:10:00~22:00
定休日:第2・第4水曜日

梅田駅側から新梅田食堂街に入ると、行列を作っているたこ焼き屋「はなだこ」が見えてきます。「はなだこ」を通り過ぎて少し進むとカウンターのみの笑卵が見えてきます。

お店は10席ほどのカウンターで構成されている、非常にこじんまりとしたお店です。ぼくはお昼をちょっと過ぎた13:30頃にお邪魔しましたが、多くのお客さんで賑わっていました。ワンコインでランチが食べられるので、立地を考えると平日もお客さんが多そうです。

笑卵 店内

店内はカウンターのみになります。厨房とはカウンターを隔てているのみなので、お店側との距離が近いです。個人的にはお店の空気感が感じられるので、こういったお店の雰囲気は大好きですね。

調味料に九鬼のごま油がおいてありました。リーズナブルな値段設定にも関わらず、本格的な調味料をおいてあるあたりがポイント高いです。

実際にごま油を使ってみましたけど、かなり美味でした。

笑卵のオススメは卵かけごはん!

笑卵は立ち食いうどん屋(実際には座っていますが(笑))ですが、メニューから見て取れる売りは「極上親子丼」のように思います。なんといっても、真ん中に鎮座している卵がいいですよね!神々しくオレンジの輝きを放っています。

なお、新梅田食堂街のHPでは、笑卵のオススメは2個卵を使った笑卵飯だそうです!HPから写真をお借りしてきました。

笑卵 画像おすすめ1
引用元:新梅田食堂街HP

これでもか!と言わんばかりに卵を2個使っています。お店のメニューでも一押しでしたので、これはかなり期待ができそうです。

しかし、ぼくは今回オーソドックスな卵かけごはんを食べたかったので、笑卵飯は悩んだ挙句次回に持ち越しとしました。

卵かけごはん、シンプルなんだけど贅沢なんですよね。中国ではちょっと怖くて食べられませんでした。

僕が頼んだのは卵かけごはん定食 500円なり。

僕は頼んだのは、うどんやそばに卵かけごはんが付いてくる「卵かけごはん定食」でした。これで500円!

え~!!!!

500円って安すぎでしょ?中国元に換算すると約34元だから、スタバでアメリカンコーヒーSサイズとサンドイッチを頼むより安いってことね。

よくわからん例えですいませんですが、500円でそばが食べられるだけでも安いです!

アツアツの白いご飯に、しょうゆを適度に加えた卵ごはん。ああ、これを中国で生活していた9年間は食べることができなかったんです。

このシンプルな組み合わせに、ギュッと幸せが詰まっているんです。ああ、至福のとき。。

これに九鬼のゴマ油をちょこっと加えて食べると、ゴマ油の風味が広がって違った味が楽しめます。

でも、これで500円。安いですね。素晴らしいですね。

笑卵で絶品の卵かけごはんはいかがでしょうか?

梅田駅近くという最高の立地にお店を構えている、笑卵。

ランチも良し。呑んだ後のシメでも良し!

絶品の卵かけごはんを堪能してみてください。

お店情報:笑卵
住所:大阪府大阪市北区角田町9−26
営業時間:10:00~22:00
定休日:第2・第4水曜日

追記

今回は梅田でランチをとりましたが、梅田に来た目的は、阪急百貨店でしか売っていないカルビーの高級ポテチを買いにきたのです。店舗販売は大阪の阪急百貨店のみらしく、人気の商品で夕方には売り切れてしまうこともしばしば。

実際に僕は午後2時ころいきましたが、行列が絶えることはありませんでした。ネットでも買えるみたいです。