「必ず出会える!人生を変える言葉2000」を読んで痛感する人生で大切な一つのこと!

シェアする

P_20160403_080727

どうも!のぶさんです。

写真は、マカオの世界遺産にも指定されている歴史地区にあるマリア像です。すぐ傍にあるセントポール天主堂は、1602年から建設が始まっています。

つまり、現在に姿を残しているのも、17世紀にマカオで先人が偉大な歴史を築いたからにほかなりません。

今より技術的にも困難を極めたと想像できますが、それでもその時代に行動をした人間がいたからこそ、今こうしてぼくらは世界遺産と呼ばれる建造物を見ることができています。

sponsored link

今から20年後、あなたはやらなかったことに失望する。

丁度アマゾンで今月読む本を探していた所、月替わりセールである本が目に留まりました。

著書には、異なる時代を生きた偉人の様々な名言がちりばめられています。

人生、今日、そして生き方。。。

思わずはっとさせられる言葉に、ページをめくるたびに何度も出会いました。

そのなかでも、人間の未来を断言しているある名言がぼくを強く惹きつけました。

今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。

ゆえに、もやいを解き放て。安全な港から船を出せ。貿易風を帆にとらえよ。探検せよ。夢を見よ。発見せよ。 

マーク・トウェイン(アメリカの作家)

人間の未来をこれほどまでに断言している言葉はありません。

20年年後に失望する。

それはやりたいことをやらなかったら、必ず訪れることが確定している未来なんです。

35歳、いまの現状に失望はしていない。

ぼくは今年35歳になりました。

大学を卒業して社会人になり、早12年目を迎えています。

その間、大変なこともあったし嫌なこともありました。そして精神的に追い込まれて適応障害と診断されたこともありました。

でも、自分の人生に失望はしていません。

それは、小さいころに抱き続けていた「海外に出て生活する」という一番大きな夢を実現させているから。

大学時代に怠惰をむさぼって夢から離れていたけど、22歳のときに一念発起して中国留学を敢行しました。思えば、それがぼくにとっての出港だったのかもしれません。

お蔭さまで、今はこうして中国で生活をすることができています。

22歳のときに周りに流されて留学していなかったら、失望どころの騒ぎじゃなかったですね

でも、これからの過ごし方によっては、20年後失望するかも。

いまのぼくを創っているのは、22歳からこれまで選択して行動してきたことが結果としてあるだけです。

ならば、これからのぼくが仮に行動をしなかった場合、20年後に失望することになるでしょう。

だから、少しずつでも環境を変えてやりたいことにチャレンジしていくべきだと考えています。

学生時代の宿題は怒られるだけで済んだけど、人生の宿題はやらなかったら自分が失望してしまうかもです。

8月も終わりに差し掛かり、ふと、学生時代に殆ど完成できなかった宿題を思い出しました。

あなたの人生の宿題は、なんですか?

その宿題をやらないままにしていませんか?