【香港・ランタオ島】ゆったりとした雰囲気で味わうタイ料理レストラン「High Tide」を満喫してきた!

P_20160610_194435

どうも!のぶさんです。

端午節の連休は香港のランタオ島に来ております。

ランタオ島に到着した初日は、宿泊しているホテル近くを軽くランニングしておりました。そして今日は17kmにも及ぶトレイルランニングを敢行、ヘトヘトになった身体が素直に欲している料理を食べようと、梅窩(ムイオー)にあるタイ料理「High Tide」へ行ってきました。


梅窩(ムイオー)界隈は欧米人も多く住んでおり、レストランも香港系以外にトルコ、イタリア等バリエーション豊富な料理屋さんが沢山あります。

香港島のセントラル(中環)から到着するフェリー乗り場があるので、梅窩は日帰りでも楽しめる場所です。

無題

sponsored link

梅窩(ムイオー)にあるタイ料理レストラン「High Tide」

P_20160610_200918

「High Tide」はフェリー乗り場から歩いて5分ほどの場所にあります。今回は夜にお邪魔したのですが、川沿いの通りに面していて静かな雰囲気の中にお店を構えています。

シェフはタイ人の方で、ここランタオ島で本格的なタイ料理が楽しめます。

High Tide is one of Lantau’s most closely guarded culinary secrets.  Chef  Sukjai from Udorn Thani province in North-East Thailand  travelled through Indo-China to India and Switzerland, honing his cooking skills with the celebrated Oberoi and Alkhozama groups before settling in Lantau.
引用先:HIGHTIDE HP

肩肘張らずに入店できる雰囲気で、ひとりでも気軽に入れるのが印象的でした。旅先なんで一人で食事することが多いのですが、お店によっては一人で入りにくい雰囲気のところもあります。その意味では、High Tideは文句なしです!

P_20160610_193658

広々とした店内は、欧米人のお客さんを中心にして賑わっていました。明るい照明と白を基調としているせいか、お店のなかもふんわりと軽い感じでしたね。

P_20160610_193558

天気の良い日は、窓を開放してテラス席にできるのでしょう。残念なことにこの時期の香港は高温多湿なので、エアコンが必須。窓は解放されていませんでした。

P_20160610_193317

メニューは本格的なタイ料理から、タイ式シンガポールチキンライスまで取り揃えていました。個人的にはタイ式シンガポールチキンライスが気になっていました。漢字で書くと、泰式海南鶏飯なのですが、もともとシンガポールの料理であったはず。

シンガポールチキンライスは毎日3食でも飽きないほどの好物なので、これを頼もうとしましたが、タイ料理でカレーを食べるんだと思いだして注文しませんでした。でも、周りのお客さんは結構頼んでいたので、看板メニューなんでしょう。

タイ料理王道のグリーンカレー

P_20160610_194435

走った身体がカレーを欲していたので、グリーンカレーを注文しました。たっぷりの野菜にぷりっぷりのチキンが入っていて88HKD(約1,211円)、ごはんなし。このあたりは、流石物価が高い香港って気がします。

P_20160610_195248

チキンが「これでもか!」とばかりにゴロゴロと入っております。しかも、そのチキンが柔らかいのなんのって!ジュワッと染み出る肉汁と重なって、ご飯が何杯でも食べられそうです。

あ、ライスは別注文となっていて、御茶碗1杯15HKD(約200円)でした。

P_20160610_194502

やさいも食べたかったので、「Garlic Vegetable」を注文しました。漢字メニュー「蒜茸炒菜」を見て注文したので、てっきり中国大陸で出てくる青菜炒めだと思っておりました。

結果は、写真のようなブロッコリーの大群!

ブロッコリーはビタミンCが豊富なので良かったのですが、少々恥ずかしいミスをしてしまいました。

ランタオ島でタイ料理レストランなら「High Tide」がおすすめ。

P_20160610_201000

「High Tide」はテーブル席の他にカウンター席もあります。

ドリンクもその場で作ってくれるし、豊富な料理と適度な距離感を保ってくれる定員さんがほんとうに心地良いです。

ぼくはゆっくり食事する時間を楽しみたいので、できるだけほっといてくれるサービスが好きです。ちなみに同じ時間帯に来ていた欧米人男性は話好きのようで、香港人の気前良いおばちゃん店員が英語でずっと話をしていました。

ランタオ島でタイ料理を食べるなら、今回紹介した「High Tide」がおすすめですよ。

名称:High Tide  ※お店HP
住所:Riverwalk (shop 2, g/f)、6 Ngan Wan Road, Silvermine Beach, Mui Wo, Lantau
TEL:+852-2980 3002

営業時間:お店によると、「都度、確認してくれ!」とのこと。お邪魔した日は、夕方5時から夜11時まで開いてました。ランチも11時過ぎからやっているようです。いいですね、このパンクっぷりの経営姿勢。

ランタオ島 おまけ

P_20160610_201719

タイ料理を食べて気分よくホテルに帰っていると、昨日のランニングでもみかけた牛の大群が、こんどはビーチでみんな仲良く寝転がっていました。

翌朝潮が満ちてきたらどうするのか興味がありますが、ランタオ島はいたって平和です。

※追記:翌日朝5時に起きてビーチに見に行きましたが、雨もふっていたこともあって牛たちはみんな退散していました。

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと、簡単にホテルが予約できます。中華圏のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②保険からショッピングまで海外出張や旅行に便利な13種類のクレジットカードに関するお得な情報はこちらです。

・ 海外で役立つクレジットカード13選!

③ネット関連
日本出国前にルーターもレンタルしておけば、現地到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~