【香港】マカオや中国の広東省各都市へ行ける!九龍にある中港城フェリー乗り場の利用方法を紹介するよ!

アジア屈指の観光地でもあり、レッセフェールと呼ばれるくらいビジネス環境が整っている香港には、2015年度に世界トップとなる2,760万人の外国人が訪問しました。同年の日本は1,974万人だったので、それはそれは物凄い人数の外国人が香港を訪れています。

これだけ人の往来がある香港なので、隣接するマカオや中国・広東省の各都市とも様々な行き方方法があります。

今回は、九龍半島にある中港フェリーターミナルの利用方法を紹介します。フェリーはバスや飛行機に比べて人数が限られているので、待ち時間も少なく済みます。使い方を覚えると便利ですよ!

sponsored link

中港城フェリー乗り場(中港城碼頭) 行き方

中港城フェリーターミナルは、九龍半島に位置しており広東道を挟んで九龍公園の向かいになります。

香港空港から移動する場合は、空港からエアポートエクスプレスで九龍まで移動します。九龍駅到着後にフェリーターミナル上の太平洋ホテルへいく無料シャトルバスに乗ると、中港城フェリーターミナルに行けます。

タクシーで香港空港から移動してくる場合、200HKDを超えるくらいです。

フェリー乗り場内部

中港城フェリーターミナルは、中港城の2階と3階部分に分かれています。2階はチケット売り場と出発ロビーです。3階は到着ロビーになっています。

フェリー乗り場への行き方

中港城フェリーターミナルに入ったら、右手側のエスカレータに乗りましょう。登りきると写真のような場所が見えてきます。赤字で示してある右側のスロープに向かって歩いていきましょう。そうすれば、2階のフェリーターミナルに行くことが出来るエスカレータがあります。

このとき間違って真ん中の長いエスカレータに乗ってしまうと、フェリーターミナルを通り過ぎて太平洋ホテルに行ってしまいますので気を付けてくださいね!

2階 出発ロビー

2階出発ロビーです。エスカレータを登りきると、目印であるスターバックスが左手側に見えてきます。

チケット売り場

エスカレータを登り切ると後ろ側がチケット売り場になります。右側がマカオ行のターボジェット、左側が中国大陸行きの珠江フェリーになります。中国行のフェリーチケット売り場ですが、アメックスやVISAといったクレジットカードも使用できます。ぼくは実際にアメックスを使いました。

出国手続き

出国横のタイムテーブルで自分のフェリー時刻を確認しましょう。このときに余裕を持って出国することをお勧めします。特に連休や日曜日の最終便は混みますよ。

今回は平日の朝8時前の写真です。さすがに人も少ないですね。目的地別にチケットチェックの入り口がわかれています。入口に掲げてある目的地に沿ってチェックを受けてください。チケットチェックが終わったら出国手続きとなります。

3階到着ロビー

3階は到着ロビーとなります。写真は平日朝8時前のものであり、流石に誰もおりません。普段はここで待ち合わせたり、両替をするなどして香港滞在の準備を整えます。

両替

到着ロビーについて右手側にはトイレと両替所があります。香港の街中にも両替場所は多いですが、街中で多額の現金を出すことを考えるとここで済ませた方が安全です。

到着ロビーに入ると正面に中国銀行が見えてきます。こちらで海外キャッシングが可能なカードでHKDを引き出すこともできます。

フェリー乗り方

無事に出国できたら、乗船するフェリーの入船時間まで待合ロビーで待つことになります。お店は薬局と化粧品関係、そして両替所があります。昔はセブンイレブンがあったんですけど、いまはありません。食べ物が必要なら、出国前に調達しておくとよいでしょう。

乗船時間になったらエスカレータで1階のフェリー乗り場に移動します。エスカレータを降りたところに乗船場所の番号が記載してあります。自分の目的地別に指定してある乗り場まで行きましょう。

フェリーの入り口に番号と目的地が記載してあります。チケットチェックも受けるので、万が一間違えていたら指摘してくれるので安心です。

以上が、香港の中港城フェリーターミナルの利用方法になります。移動にかかる時間をできるだけ少なくして、素敵な旅をお過ごしください!

海外旅行に役立つサイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中華圏のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 【エクスペディア (Expedia)】国内・海外ホテル最低価格保証

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②香港への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~