成功の秘訣は才能だけ?ぼくの信じる方向に精一杯進んでいきたい。

シェアする

IMG_20130810_134031

どうも!のぶさん(@nobu3manyu)です。

冒頭の写真は、マカオで撮影したミニのゴールドバージョンです。ゴールドにすることで、表面上は価値を増すような錯覚を覚えることもありますよね。

日本滞在期間は予定をフルに入れずに、日本のいまの状況を肌で感じれるように余白を設けたスケジュールにしています。

突然ですが、あなたは自分の夢に向かって進めていますか?

どんなかたちでも、自分の信じる方向に歩みを止めずに進むのは大切なことです。

「じゃあ、お前はちゃんと進めているのかよ?」って聞かれると、「やりたいけどできていない」ことも結構あるんですよね。お恥ずかしい話ですが。

sponsored link

ヒビノケイコさんのブログで肩の荷がおりた。

これまでは世の中で成功しているといわれている人たちは、才能があるから成功していると考えていた部分がありました。そう考える自分は、どこかで諦めに近い感覚があったのも事実です。

才能がないという言葉

時々、こういうことぽろっと言ってたんだよね。それはそれで、事実なのかもしれない。今まで切り開いてきた道も、だからこそ出来たものかもしれない。だけど、これが自分の逃げ場になっている気もして、言うのをやめてみることにした。
「才能がなくてもあっても、才能溢れる自分でいるように、できることをしよう」

そういう姿勢でいたほうが、自分も磨けるし、わたしを信頼してくれる人たちにとっても良い。

引用先:「身の丈と才能」どちらも抱きしめて逃げ道をなくす

世界の成功者は、才能の優劣で決められていると思っていた。大袈裟じゃないけど、年齢を重ねて社会を知れば知るほど建前だけでは生きていけないことも知っている。

だけどこのヒビノケイコさんのブログを読んで、正直ほんとうに肩の荷が下りたんですよね。そして、改めてぼくのやりたいことを精一杯やればいいのだと思えたんです。

やらないで悩んでいるだけの人生なんてもったいなさすぎるし、時間だけ過ぎて何も生み出すことはないんです。正直、ブログを中断したときの自分は悩んでばかりだったからね

仕事終わるとネットしながら同じことを悩んでばかり。休日なんて朝から晩まで同じことの繰り返しでした。そんなん、落ちるとこまで落ちても絶対に状況が好転するわけないよね。だって、動いてないんだから。

数多くの悩みでも、一番の悩みは「才能」に関することだったと思う。「才能」がないと勝手に思い込んで、しかもそれを自分に対する言い訳に使っていたのだから本当にどうしようもなかった。

でも、才能がないからじゃなくて、情熱といい意味での客観性が足りないだけだと気が付いたらときに考えたんです。

じぶんが才能がないと思うのなら、モノゴトを組み合わせることで新たに創造すればいい。そのことを客観視できれば、いくらでもやりようはある。ってね。

やりたいことはぜんぶやれ!

結局はぼくが満足できるかどうかが重要で、人生に遠慮している自分に対して周りが魅力的に思ってくれることなんてありえない。それなら、まずはぼくがやりたいことを全部やろう。

人生は一度きり。そして、驚くほど短いんだ!

そこから出てきたものを組み合わせて、自分の生き様を創っていければいい。