フットワークを軽くすることで、ネットワークと偶然の縁を広げていく!

P_20160609_190956

どうも!のぶさんです。

先々週から続いていた、香港⇒台湾⇒上海⇒名古屋⇒東京⇒名古屋⇒上海の旅も無事に終わりを迎えて、いまは自宅のある中国広東省の順徳に戻ってきています。

こうして書くと良く移動しているなと感心しますが、フットワークって実は心の問題が一番大きかったりします。

「めんどいな~!」

この言葉が行動を鈍くするわけですが、簡単に言えばこの「めんどいな~!」が全ての縁を遠ざけているんです。

sponsored link

自分から行動することの重要性を理解していなかった。

縁は巡り合わせとよくいいます。

そして素晴らしい縁に出会えない人は、往々にしてフットワークを軽くして行動していない人が多いです。

何故わかるかって?

だって、数年前の自分がそうでしたから!

2007年の日本勤務時代にさかのぼりますが、夜遅くまで会社に残って毎日家と会社の往復のみ。会社の先輩が週末に忙しくしているのを羨ましく思っていたモノです。

当時から中国へ毎週のように海外出張に行っていたので、そのことだけを自分の慰めと縁がないことの言い訳に使っていました。

どんなに仕事が忙しくても、自分からフットワークを軽くして行動しなければ縁なんて出会えないことにこの時は気が付いていませんでした。

フットワークを軽くすることで得られる無限の広がり

2008年に中国へ赴任した際、ローカルスタッフもいない、まさに自分一人の状況に置かれました。この状況では自分で動かない限り、周りに自分の存在を知ってもらえないのです。

その恐怖感と不安感に突き動かされて、当時のぼくは行動を開始し始めました。

行動をし始めれば面白いもので、徐々に色々な繋がりが生まれてきます。そしてその繋がりが更に新しい縁を運んできてくれます。

そのことを身をもって実感して以来、出来るだけ行動をするようにしてきました。

そして今年は更にそのフットワークの限界に挑戦するべく、冒頭にあるような移動を伴う行動を組んでみました。

仕事とプライベートの両方ですが、フットワークを軽くすることの効果は計り知れません。

それはいったい何故でしょうか?

結局は人間と人間の触れ合いからしか縁は生まれない

結局、縁というものは人間と人間の触れ合いからしか生まれません。

ネットの前で座って人の体験談を見てやった気になっても、結局は何も生み出さないのです。

そして人間との縁を生むためには、自分が自ら動くしかないのです。

決して向こうから自分が望む縁はやってきません。

このことは理解していたつもりですが、6月の一か月で痛いほど痛感しました。(実際、たくさんのいい縁があったということです。)

ぼくは実際にこの1か月でフットワークを軽くする重要性を改めて学びました。それは実際の世界でもネット上の世界でも一緒でした。本当に多くの人と繋がることができました。

ツイッターで相手の呟きにコメントを残してみたり、リツイートしたり。

FBでブログに関する感想を書くことで、そこからプチ交流に発展したり。

セミナーやイベントに出かけて行って自分から飛び込むことで、とんでもない縁をもらったり

少し自分が行動に移すだけで、なんでもでてきます。

縁が無いという前に、まずは動いてみましょうよ!

きっとそこから何かが生まれますから。