【30代・一日一食ダイエット③】2か月第3週目のプチ断食に異変が!? 2月11日~2月18日の食事メニューです。

35歳になったおっさんが綴る一日一食ダイエットも、2か月と3週間目を迎えています。

「高校時代の痩せていたころに戻って、カッコいいと言われたい!」

「フルマラソンを軽やかに走りたい!」

単純に欲望丸出しの願望だけで開始したダイエットですが、今回は体脂肪を燃やすランニングなどの有酸素運動を積極的に行っていません。

食事方法と自重による筋トレをメインにダイエットを継続していますが、第3週の進捗状況はあまり思わしくありませんでした。本来なら一日一食の方法で悠々自適に10kg減を達成する予定だったのですが、そう甘くないみたいです。

体重の推移は最後に発表するとして、今週のダイエット進捗について振返ってみます。

※先週の振り返りはこちら。

参考記事:【30代・一日一食ダイエット②】2か月第2週目。プチ断食で10kg減を目指す!2月6日~2月10日の食事メニューです。

sponsored link

運動メニューに筋トレを取り入れる

一日一食で摂取カロリ―は1,500Kcalを下回る計算になります。前回の記事でも豪語したように、ダイエットの方法はシンプルです。摂取カロリーより消費カロリーを上回るようにしていけばいいだけです。

貯金とは逆ですが、支出をガンガン増やして余分な脂肪を削っていくのです。

一日一食の場合の摂取カロリーは必然的に少なくなるので、筋肉維持にとって大切なたんぱく質の量も減ります。筋肉を維持するのは筋トレ以外にも、プロテインやグルタミンなどを摂取して筋肉が分解されるのを防がなければなりません。

このあたりは話を始めると長くなるので、今回は筋肉量だけにします。

2月10日に筋肉量を測定したときは51.7kgであり、ダイエット開始より1kg減っておりました。流石に筋肉量が減るのは良くないので、その後筋トレを導入してみました。筋トレを行うことで、「この筋肉は必要だから分解しないでね!」って体に教えてあげないといけないのです。※栄養も必要ですよ!

筋トレを導入して以来、2月15日の測定では52.4kgまで戻りました。実際には筋肉を増やすには筋肉の繊維を切っては繋げるといった超回復を繰り返さねばなりません。超回復には48時間程度必要だといわれており、5日で1kgも筋肉が増えることはまずないです。

まあ、今回の1kg増加はダイエットをしている本人が安心できる材料ってことで。

筋肉ふえて代謝も増えるからダイエット順調じゃ~ん!

っていきたいのですが、今週の経過を見る限りはそんな甘くありません。人間の身体って複雑なんですね。

2月11~18日 食事メニュー(基本は夜の夕食)です。

ルールは簡単。「固形物は1日一回」だけ。100%果汁ジュースや自家製スムージ、そして水なんかはOKにしてます。一日一食だけど、実際は置換ダイエットに近いかな。

一日一食を提唱している医者で、自らも実践者でもある石原結實先生の著書を参考にしています。

2月11日 食事 at 深セン 華強北電脳街 吉野家

この日の夕食は、広東省深セン華強北の超有名な電脳街界隈にある吉野家で食事でした。広東省に住んで8年経つのですが、今までこの電脳街を訪れておりませんでした。そんでもって、この週末に泊まりで電脳街界隈を体験しに来た訳です。

ついでにいうと深センは日本のレストランが多いので、普段住んでいる田舎の順徳では味わえない日本の味を求めてきました。

「中国なのに?」という声が聞こえてきますが、中華料理は2003年の留学時代に死ぬほど食べたのでもういいんです。

お腹ペッコペコで味わう吉野家の牛丼、天国にのぼるかと思うくらいの美味です。

2月12日 食事 at  自宅

2月12日は自宅で自炊パーティです。定番となっているビールに漬けた鶏肉、納豆汁、そして卵焼きです。鶏肉とタマゴ、そして納豆で少しでもタンパク質を稼ぎたいんですよね。

一日一食に自家製スムージーでは、ビタミンやミネラルが圧倒的に不足します。そこで、ぼくは食事後にマルチビタミン&ミネラルのサプリをとってます。

気休めの部分もありますけど、取らないよりは絶対にマシだと言い聞かせています。ついでに、漫画のグラッブラ―刃牙と著名ボディビルダーであった故・マッスル北村氏が愛用していた「強力わかもと」も飲んでます。腸が弱いんで、ぼく。

2月13日 食事 at  広東省珠海の日本料理「誠」

2月13日は突然の出張でマカオとの国境がある珠海に宿泊。普段自炊をしていると外食が楽しみなので、晩はホテルからほど近い日本料理「誠」でとんかつ定食をいただきました。

もずくも食べることができて幸せです。いいよなあ、珠海。

2月14日 食事 at  自宅

2月14日はバレンタインデーでしたね。中華圏では男性が女性をお祝いする日なんです。日本は逆ですよね。たしか。

この日は鶏肉ビール漬以外の料理を考えており、結果として鶏肉のビール煮にしました。セロリを大量に入れて食物繊維も豊富にとれました。食物繊維も不足すると腸によくないので、できるだけ摂取するようにしてます。

食物繊維のお蔭なのかわかりませんが、翌日は朝からどっさりでした。

2月15日 食事 at  広州空港の海南航空ラウンジ

この日は広東省で仕事をした後に、夜便で華東にある蘇州まで移動でした。蘇州で日本料理を食べようと思っていたのですが、あいにくフライトが遅れてしまい海南航空のラウンジで食事。タマゴチャーハンにピーナツと鶏肉の炒めものを頂きました。

海南航空はサービスも良いので好きな航空会社です。安全ランキングでも世界上位ですよ。

広州空港で利用した海南航空ラウンジのレビューは、コチラの記事で詳しく触れています。

参考記事:【中国・広東】広州空港国内線でプライオリティパスでも使える海南航空のラウンジにいってきたよ!

2月16日 食事 at  蘇州の日本料理「神宮」

蘇州の客先訪問を2社こなしあとは、10年以来の御付き合いがあるお客さんと蘇州の日本料理屋へ。生ビール2杯、フライドポテトなど居酒屋メニューを頂きまして、最後は絶品味噌ラーメンでシメました。一日一食なので罪悪感はまったくありません。

罪悪感がないのはいいですね。気持ちよく食事ができます。

神宮の味噌ラーメン、コシがあるちぢれ麺に濃厚スープが絡まって美味しいんです。好みです。

2月17日 食事 at  客先の新年会パーティー

金曜日は青島で顧客である台湾メーカーの新年会に出席。日本人はぼくだけでした。久しぶりの中華料理を少しだけ食べましたが、その後は10年来の付き合いである台湾人に連れられて中華式乾杯の連続。赤ワインで乾杯一気呑みをしまくったので、流石に胃がおかしくなりました。

メインの主食やデザートは食べれずじまい。殆ど食べてないに等しかったので、ホテルまで歩いている途中に日本料理屋でカツ丼をテイクアウト。でも、ホテルに着くやいなやノックダウンで食べられず。

2月18日 食事 at  カツ丼に機内食にカップラーメン

前日にしこたま赤ワインを飲むも、一日一食生活で胃腸の疲労が全くないせいか二日酔いも無く戻すこともなかった。ただし、前日からほぼ何も食べておらず胃酸が多かったので、昨晩買ってあったカツ丼を朝から頂く。汁が寒さで固まっており、あまり味がしなかったです。

この日は胃酸が出過ぎだったので1日1食の禁を破り、お昼に南方航空の機内食、そして晩は日本で買ってきていたカップラーメンを頂く。しかし、久しぶりに3食も食べると胃腸の消化キャパを超えてしまい、逆に調子がおかしくなったのでした。

広州へ戻る飛行機で食べた南方航空の機内食。このレベルは及第点です。

帰宅してから晩に食べた日本のカップラーメン。これで200円だもんな。ウマすぎるからいいけど。

今後一日三食も食べるのは不可能じゃないか?ってくらい胃腸が痛かった。やはり、徐々に戻さないとダメです。たぶん、戻さないと思うけど。

体重経過 66.8kgと増えていました!

今週は出張や宴会が多く外食が多かったです。それでも、18日以外は一日一食で過ごしてきたので体調はスッキリとしていました。

しかし、18日の暴飲暴食が原因なのかわかりませんが、
体重が逆に増えているという異常事態になってしまいました。

長期スパンで見ていく必要があるので今週の結果に悲観することはありませんが、一日一食が体調に与えるメカニズムも気になる所です。

来週以降は体重も落ちてきたので、有酸素運動であるランニングも本格的に再開します。マラソン大会もいくつか出場したいのもありますから。

以上、【30代・一日一食ダイエット③】2か月第3週目のプチ断食に異変が!? 2月11日~2月18日の食事メニューです。、、、でした。4月末まで10kg減量できんのかな?

しかし、増えるとなんかショックだよね。