【30代・一日一食ダイエット⑤】プチ断食開始6か月後の減量効果は如何に?最新状況です。

どうも!のぶさんです。

日本は今日から三連休ですが、如何お過ごしでしょうか?ぼくはこれから台湾旅行に行ってきます。で、この記事を関西空港で書いています。

2017年1月から開始した一日一食ダイエット。30代になると代謝が落ちてきて体重が落ちにくくなるという定説に挑戦するべく、36歳のおっさんが70.2kgからダイエットを開始しています。

参考記事:【30代・一日一食ダイエット④】プチ断食開始2か月で5kg減量達成! 2月19日~2月24日の食事メニューです。

開始2か月後の2月で5kg落としましたが、その後個人的な事情でダイエット記録は報告できていませんでした。ただし、一日一食の効果はてきめんであったので、その後もずっと一日一食を基本に続けていました。

sponsored link

一日一食の効果による開始6か月後の身体の変化は?

空港に出発する前に測定した結果ですが、なんと、61.9kgでした!!!!

半年で約8kgの減量効果がでています。

そして何より、体脂肪が10.4%、内臓脂肪がレベル3とほぼ半減しています。体内年齢に至っては22歳と診断されております。

実は、4月から5月は転職と引っ越しで暴飲暴食をしてしまい、リバウンドしていました。なので、実際は2か月で8kg落としたことになります。

一日一食を軸に、毎日のランニングを継続しています。食事のコントロールがダイエットの肝ですが、運動も取り入れないと筋力低下による代謝ダウンの恐れがあります。これはリバウンドに直結するので、運動も続けています。

リバウンド前は内臓脂肪があまり減らなかったことを見ると、運動が相当脂肪燃焼に効いていますね。

身体も軽くなって寝つきもよくなり、減量の効果を何重にも感じています。

減量の目標は58kg

高校時代の58kgまで体重を絞り、そこから筋トレとマラソンの本格練習に移行しようと思います。

さあ、36歳のおっさんでも減量して肉体改造できることを証明するぞ!