【旅ラン・中国・大連】中国東北部最大の港町で観光地でも有名な「アカシアの大連」を初冬の夜にランニングしてきました!

シェアする

p_20161112_200923

こんにちは!のぶさんです。

11月に入り、冬の到来を感じさせる時期になってきました。

ぼくは、今週末から中国東北部の大連にきています。大連は日本の仙台と同じくらいの緯度であり、到着した日は気温10度とかなり寒くなっていました。

タイトルにあるアカシアですが、大連は昔からアカシアで有名なんです。

大連は昔から『東方槐城-東方のアカシアの都-』の名を馳せており、毎年五月になると一斉にアカシアの花が咲き誇り、街中がかぐわかしい香に包まれ、美しい海と砂浜の街大連に更にきらびやかな姿を添えてくれます。一年に一度のアカシア祭は一年のうちで最も美しい季節に開催されます。
出所:日通ペリカントラベルネット

大連と言えば、ぼくが2003年に初めて海外に出た街、そして1年間の留学生活を過ごした街になります。そのため、ぼくにとっては特別な場所であり、今でもこうして定期的に訪れることができるのが嬉しいです。

今日は、そんな特別な大連の街を半ズボンでランニングしてきました。流石に、街行く人々にじろじろみられましたね 笑。

それでは、夜の大連で旅ランした記録を綴りますね!

そうそう、昼間の大連ランレポートは2016年大連マラソンの記事に書いています。

【中国・大連】フルマラソン完走!絶好の天気だった2016年大連国際マラソンレポート!

sponsored link

今回のランニングコースは懐かしい思い出を巡ります。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

今回は、宿泊しているホテルを出発して、人民広場⇒オリンピック広場⇒勝利路⇒労働公園前⇒勝利広場⇒大連駅⇒大連中心とまわりました。中山広場まで行きたかったんですけど、寒かったので断念しました。

GPSが捕捉しきれていないのでおかしくなっていますが、8kmは走りましたw。

p_20161112_191458

今回の滞在も、中山路にある「大連ロイヤルホテル」にしました。やっぱり落ち着くんですよね。

夜7時過ぎに、宿である大連ロイヤルホテルをスタート。冬の大連はライトアップがシンプルにされていて、綺麗なんですよね。

今回は半ズボンでまだ我慢できましたけど、12月は手袋に耳あても必須ですよ。

p_20161112_191751

丁度ホテルの裏に「森ビル通り」があるので、そこを通っていきました。その名の通り、日本の森ビルが関係しています。丁度森ビル通りの向かいが「森茂ビル」という建物で、森ビル所有になります。日本の領事館や日系企業も沢山入っています。

日本人街みたいなもので、日本料理屋からカラオケクラブまで密集して並んでいます。ただ、時代を感じる場所でもありまして、90年代の大連発展時代にはそれは物凄かったんだろうと想像します。開発区もしかりですね。

今日は土曜日だったこともあり、人通りはまばらでした。p_20161112_191954

森ビル通りを抜けて、中山路に戻ってきました。

ここから、人民広場を抜けてオリンピック広場まで向かいます。大連も渋滞がひどいと思いますが、上海や広州に比べるとまだ落ち着いています。

昔はこの中山路を、801路というバスで留学していた大学から中心部までいっていたものです。もう801路は無くなってしまったみたいですけどね。時代の流れを感じます。

p_20161112_192515_nt

暫く進むと、人民広場にやってきました。

人民広場は昼間に行くと、大連名物の婦人警官が交通整理をしています。流石に夜はやっていませんでしたけどね。p_20161112_192530_nt

建物もライトアップされていて、結構綺麗でした。

他の都市だと紫やら原色系を混ぜてきて正直グロいのですが、大連は比較的落ち着いています。

2003年に居留証の申請をしに行ったのを、今でも覚えています。

p_20161112_192907_nt

人民広場を進むとオリンピック広場に出てきます。ちなみに、写真はオリンピック広場向かいの「百盛」です。大連もおしゃれなデパートが増えました。

競技場があったオリンピック広場も、今は総合デパートになっていました。

p_20161112_193158_nt

そして、留学時代によく買い物にきていたオリンピック広場

昔はサッカー場が建っていて、試合がある日は多くのサポーターでごったがえしていました。そして地下にはウォルマートを始め、沢山のお店が並んでいました。今考えると、不思議な空間でしたね。

そんなオリンピック広場も、五輪マークを残して総合デパートに変わっていました。

p_20161112_193225_nt

綺麗なんですけどね。ただ、2003年にここで青春を過ごした身としては、幾何の寂しさもありましたね。

p_20161112_193326_nt

それでも、地下にあるウォルマートは健在のようで、ちょっと嬉しくなりました。ここの地下に吉野家があって、感動していたのを覚えています。

2003年から大連には吉野家が多く出店していて、当時ぼくが把握しているだけでも、和平広場、オリンピック広場、勝利広場地下、大商青泥蛙橋店の上、そしてマイカル横の地下1階。

脱線しましたけど、全て制覇しました。一番多く行ったのは、マイカル横の地下1階でしたね。

p_20161112_193605_nt

そして途中で昔懐かしい「割烹清水」の名前もありました。

本店がたしか中山路に面していたんですけど、一帯が取り壊しになって星海広場に移転していた記憶があります。こうして懐かしい名前をみるとホッとしますね。そして、その横には「亜恵」!! 好きな料理を指定するご飯屋さん、アカシヤですね。

アカシヤは大連にしかないんですけど、当時言葉が上手くなかった自分にとって、独りでいくのは結構勇気いりました。

p_20161112_193917_nt

大連の変化を感じながら勝利路にでると、ここでも工事をしていました。こうして、日々変化しているんですね。p_20161112_194848

勝利路のとある場所にあった、床屋さんが密集している地域です。昔のようにピンクではないです。

微笑ましかったのは、老夫婦が2人で床屋に行って、髪を切ってもらっている旦那さんの後ろから奥さんが座ってみていたことです。こういうの、いいですよね。

p_20161112_195253

大連でも自動車の保有率が増えてきており、駐車場問題が出てきています。道路を駐車場にしているんですね。他にも歩道に車を停めたり、これ以上増えるとどうなるんだろうって心配になります。

そして青泥蛙橋にある懐かしのマイカルへ。

p_20161112_195817

そして、お待ちかね(自分だけ)のマイカルです。

2003年に留学して以来、マイカルに特別な想いを持っています。日本ではいったことないんですが。。。

それくらい当時の自分は救われましたし、数えきれないくらい通いました。慣れない外国生活で触れられる日本の空間。よかったなあ。マイカルあって。

p_20161112_195847

ちなみに先ほどふれたマイカル横の地下1階。

昔はここに吉野家があったんですが、今は薬局のワトソンズになっていましたね。個人的にこれはかなり堪えました。ここで昼食に吉野家して、マイカルでお買い物して寮に帰るのが当時最高の贅沢でしたからね。p_20161112_195855

p_20161112_195956

それでも、昔からこの界隈が賑やかで華やかな通りでした。

マイカルの向かいにあった大連ローカルの大商(デパートね)も、当時はあか抜けない感じだったんですが、1階に「COSTA COFEE」が進出するなどちょっとずつ洗練された感じになっていましたね。

ずっと斜め向かいにあった「太平洋デパート」との対比が凄すぎましたからね。差がありすぎて。

p_20161112_200215

そして買い物と言えばここだった勝利広場。

今日はライトアップが控えめで、少し拍子抜けしましたね。p_20161112_200400

色々変わっている大連ですが、勝利広場にある「亜恵 ※アカシヤ」は13年前から変わらず同じ場所にありました。愛されてますね、アカシヤ。ただ、土曜日の7時半でしたがお客さんいなくてガラガラでしたが。

p_20161112_200518

勝利広場地下のショッピング街も、早めに店じまいしてました。。

大連の夜ってこんなに早かったっけ?広東省は夜食の文化があるので、お店は大体夜10時まではやってます。p_20161112_200829

勝利広場、暗いけどどうしたんでしょうか?

大連駅は変わらない姿をたたえていました。

p_20161112_200923

それでも、日本の上野駅をモデルに作られた大連駅は、今も変わらぬ姿をたたえていました。

満州国時代に建てられた駅で、日本の上野駅がモデル。南側には広大な勝利広場があり、2階が出発、1階が到着と空港のようなつくりになっている。北口も作られ、そこは凱旋広場と呼ばれ、開発区へ行く大連快軌3号線の出発駅もある。
出所:wikipedia

昔はよく電車に乗って、瀋陽まで4時間かけて行った思い出があります。

大連駅からは各地に向かう長距離バスもあって、結構重宝します。

p_20161112_201242

そしてランニングの最後は、大連中心。

昔はここにVCD(日本の人は知らないかも)売り場があって、1枚3元くらいでした。当時はDVDが出たばかりで、DVDは7元していたんです。それで、お金の無い学生はVCDを買い捲って部屋でみていましたね。

ジブリ、ガンダム、コナン、、、何でもありましたね。あとは映画やドラマも。

ぼろい掘立小屋だったけど、活気があって面白かったんですよね。

それも、こうして今は立派なビルがたっています。

時代の流れと懐かしさを感じたランニングでした。

留学終了後も仕事で来ていた大連。

今も毎月のようにきているので変化を知らない訳じゃないけど、こうしてランニングでゆっくり回ってみると改めて感慨深いものがあります。

変化しながら次の歴史を作っていく、大連。

今後もぼくにとっての特別な街として、大連ウォッチしていければと思います。

海外の旅ランに役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②中国への格安チケット検索もかんたん!

・ スカイスキャナーで航空券比較検索はこちら!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~