【大連】青泥窪橋(チンニーワーチャオ)で休むならマイカル地下のスタバがオススメです!

DSCN0179

どうも!のぶさんです。

昨日より、第二のふるさとである東北部の都市「大連」にきています。何故第二のふるさとかといいますと、大学生時代に1年間の留学をした場所だからです。

参考記事:ぼくが中国へ語学留学を決断したときに周りから反対された3つの理由とは?

たった一年でしたが、あの留学が無かったら今のぼくはなかったと断言できます。そんなぼくの人生を変えた大連は、第二のふるさとであることは間違いないです。

大連と言えば早くから日系企業が進出しており、生活インフラもかなり整っています。10年前当時でも日系スーパーのマイカルや、吉野家が把握しているだけで5軒もでていました。

便利で落ち着いた雰囲気の大連ですが、大連にも当然ながらスタバがあります。各都市のスタバを巡るのが好きな僕が、今日は大連でのおすすめスタバを紹介します。

sponsored link

マイカルにあるスタバは落ち着いた雰囲気でおすすめ!

青泥窪橋(チンニーワーチャオ)にある大連のマイカルは、元々日本のマイカルと大商集団が共同で経営していました。現在はマイカルが資本を引き揚げたので、大商グループの資本で経営されています。

青泥窪橋(チンニーワーチャオ、簡体字:青泥洼桥、Qīngníwārqiáo)は、遼寧省大連市中山区の大連駅近くに広がる繁華街のこと。マイカルなどの大型百貨店やショッピングモールが林立する。また、駅前に広がる勝利広場の地下には地下3層構造のショッピング街(地下商城)がある。勝利広場の南側には歩行者天国になっているところが多い。日本語での通称は「あおどろ」で、「せいでいわきょう」と呼ぶ人はいない。

引用元:wikipedia

留学時代はマイカルに来ると日本の漬物が買えたので、授業が終わってそのままバスに乗ってきてました。資本は変わっても当時と見た目は変わらないので、留学時代にタイムスリップした気分になります。

おっと、感傷的になって話がそれました。今回はスタバの話でしたね!

このスタバがお勧めな理由は、地下1階にあって非常に落ち着いた雰囲気であること。ビジネス街にある訳では無い為、客層も奥様が多くゆったりしています。

DSCN0179

マイカルの地下入口に構えられている入口。

DSCN0180

夏限定のデザート系ドリンクを押していました。中国の方はこういう甘いものが大好きです。よくぼくがいる広東省だと、若者が頼んでますね。

DSCN0181

お店のなかに入ったところ。スタバグッズが綺麗に並べられています。窓枠も他の店舗にはない感じの雰囲気でポイント高いです。多店舗は一枚のガラス張りが多いですね。

DSCN0182

平日のお昼前ということもあり、お客さんは少なめ。開放感があってゆったりできます。

DSCN0183

DSCN0184

ぼくは定番のアメリカンコーヒーのTallサイズと、ツナチーズパニーニを頼みました。これで61元です。日本円に換算すると約1000円です。決して安くはないですねえ。

DSCN0185

当然ですが、wi-fiも自由に使えます。近くにオフィスがある方や、出張で時間が空いた時にビジネスとして使う事もできます。

ぼくはこの近くのホテルに宿泊するので、夜の食事後にこの静かな雰囲気のなかでゆったりと考え事をするのが好きなんです。中国は何処に行っても人が多いので、このような場所を確保できると気持ちが全然違います。

観光の疲れを癒すのにもおすすめです。

中国は一歩外に出ると、本当にどこも賑やかです。まあ悪く言えばうるさいのです。そんなときに落ち着ける場所として如何でしょうか。

店員さんも程よい距離感で心地よいです。

名称:マイカル(青泥窪橋店)スターバックスコーヒー
住所:青泥窪街57号マイカル大連総店地下1階
時間:AM9:00~PM9:00

青泥洼街57号麦凯乐大连总店