【クレジットカード】中国生活8年の僕がオススメする海外旅行で使える「JCB」のお得な使用方法です!

中国生活8年を迎えるぼくが考える海外生活で必須アイテムは、ずばり!クレジットカードです

中国では、ホテルのチェックインには宿泊料の何倍もするデポジットが必要になります。デポジットは現金でも対応可能ですが、日本円で1万円以上超える額になることも珍しくありません。

これを現金で対応するのは不便だし、常に大量の現金を保有してなければならず危険も伴います。何よりスマートではないと感じます。

こんな時にクレジットカードがあれば、大量の現金を持ち歩かなくてもピッとカードを通すだけで済んでしまいます。

超、楽ですよね!

他にも海外旅行保険がついていたり、海外のATMでキャッシングが出来たりとクレジットカードがあるだけで海外での旅行や生活がとても便利になります。

ただ、ぼくもそうでしたが海外生活ではどんなクレジットカードが必要になるのかわかりませんでした。沢山の方がクレジットカードについて記事をかいておりますが、ぼくは試行錯誤の上に自分で今のラインナップを築き上げました。

その中でも、よく言われるのが「海外でJCBカードは使いものにならない」というものです。

実際にぼくも当初はJCBカードを発行していませんでした。中国で生活していると、まったくと言っていいほど使えなかったので。それがある時を境に、JCBカードの海外でかなり有効な利用方法があることに気が付きました。

sponsored link

他のブランドと比較すると海外ではJCBカードの加盟店は少ない


JCBカードは日本発の国際ブランドですが、巨大国際ブランドであるVISAやMasterと比べると海外での加盟店はかなり少なくなります。その為、海外旅行先のショッピングやキャッシングでは使える場所が限られてきてしまいます。

こういう状況が海外で起こっている為、皆さんは(以前のぼくも含めて)JCBカードは海外では使えないと感じているわけです。

実際にぼくもクレジットカードは4枚持っており、海外ではそれぞれ下記のような使い方をしています。以下、サクッと各カードの概要だけ触れます。

主力① セゾンアメックスブルーカード

年会費3,000円と有料ではあるが、海外滞在時の利用でポイントが2倍になるセゾンアメックスブルーカード
また、補償内容が充実している海外保険も自動付帯なので、万が一の事態でも保険が利用できるのも嬉しい。現在ぼくが最優先で利用するカードです。

主力② セゾン JAPANカード(VISA)

年会費無料で国際ブランドのVISAを選択したセゾンJAPANカード。サッカー日本代表のデザインを使用しており、海外でも直ぐに日本人だとわかるのが意外に気に入っている。また、ショッピングやキャッシングで主力①が使用できない時に使うサブカード。

サッカーの日本代表を応援しているので、ずっと持っています。

主力③ 三井住友銀聯カード

中国発のブランド「銀聯」と三井住友が提携した三井住友銀聯カード。本来、銀聯カードは中国の銀行口座が必要だが、このカードは三井住友が発行しているので日本の銀行口座から引き落としが可能でになっています。

ぼくは中国の銀行口座もあるので本来は必要ありませんが、あらゆる手持ちのカードが使えないとなったときに登場するお守り的な立場のカード。

2009年に西安のお店で、このカードに助けられた思い出があります。

サブ④ セゾンインターナショナルカード (JCB)

上記の主力カードたちに対して、完全にサブ扱いのJCBです(セゾンインターナショナルカードを利用)。実際にJCBカードは日本や海外で決済に使用したことはありません。

海外のある場面では、海外JCBカードを持っているともの凄くお得になる場面があるんです。

そのためだけに、ぼくはJCBカードを所有しています。もちろんこの技は年会費無料のカードでも大丈夫です。

JCBカードをお勧めする理由 それは無料のJCBプラザラウンジが使えること。

ハワイ、韓国や台湾等の地域以外ではあまり使う場所がないJCBカードですが、所持しているだけでJCBプラザという便利な場所が利用できます。

何よりも嬉しいのは、一人がJCBカードを所持していれば友人なども一緒に利用可能だということです。実際にぼくも1枚のJCBカードを使って、友人と二人で香港のJCBプラザラウンジを利用しました。

主要都市にはJCBプラザラウンジやプラザがあるので、とても重宝しますよ!

JCBプラザラウンジ&プラザ

世界60か所にあるJCBプラザラウンジ&プラザは、海外での旅に便利なサービスを提供してくれます。以下、JCBプラザラウンジのHPから抜粋です。

JCBプラザラウンジ&プラザ 共通サービス

①ご案内
JCB加盟店情報、観光情報

②ご予約 ※1
ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット など

③緊急サービス
JCBカードの紛失・盗難時のサポート※2

④Wi-Fi 無料サービス

※1一部、現地旅行会社が手配・提供するサービスがあります。なお、ご予約はJCB加盟店のみの手配となります。

※2JCBプラザ ラウンジおよび一部のJCBプラザでは、海外専用緊急再発行カードを受け取れます。再発行をご希望の場合は、JCB紛失盗難受付デスクへご連絡ください。一部、サービス内容が異なる場合があります。

参考元;JCBプラザラウンジのHP

このサービスは世界60か所にあるJCBプラザラウンジ&プラザで受けることができます。

JCBプラザラウンジ 限定サービス

世界中に設置されている60か所のうち、主要都市9か所では共通サービスに加えて下記のサービスを提供しています。

インターネット、プリントアウト無料サービス

日本語新聞、雑誌の閲覧

現地ガイドブック、情報誌の閲覧

ドリンクサービス

マッサージ機

レンタル傘サービス

お荷物の当日中一時預かりサービス※1 

参考元;JCBプラザラウンジのHP

主要の9都市は、ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バリ、グアムになります。

世界60か所のプラザについては、コチラを参照ください。

年会費無料のJCBカードを一枚持つことをお勧めします!

ぼくは香港でホテルのチェックインまでの時間に、香港のJCBプラザラウンジで荷物を預かってもらいます。大きな荷物を持って歩く必要がないので、本当に重宝しています。

年会費無料でも一枚のJCBカードさえあれば、これらのサービスが世界中でうけられるので、海外旅行がぐ~んと便利になります。もう重い荷物を持ったまま、街を観光する必要もなくなります。

決済はVISAなどの海外に強いブランドを使い、年会費無料のJCBカードも持ってJCBプラザラウンジを利用する方法がオススメです。

海外旅行にオススメなJCBカード

これまでJCBカード以外のカードを持っている方は、これ以上年会費を掛けたくないと思います。また、初めてJCBカードを作る方はどのカードが良いか迷ってしまうかもしれません。

ぼくはセゾンカードでポイントを統一しているので、JCBもセゾンカードにしました。

ぼくのように制約がなければ、ライフスタイルや用途に合わせて自由に選択ができます。

尚、クレジットカードの海外保険は合算できるので、既に海外保険付きカードを持っている方も大丈夫です。年会費無料なら、発行しても損することはありません。

下記のカードは、年会費無料でJCBが発行できるカードになります。

Yahoo Japanカード

年会費が永年無料の【YJカード】はソフトバンク系列のワイジェイカードが運営しています。クレジットカードの用途以外にもTポイントカードとしても利用可能です。海外保険はついておりませんが、年会費無料で持つことができます。


楽天カード

楽天カードも年会費が永年無料ですが、なんと海外保険(利用付帯)が付いてきます!JCBを選べばJCBプラザラウンジも使えるので、海外旅行に向いているとも言えます。楽天市場で買い物をするとポイント4倍になります。

リクルートカード

年会費が永年無料であるリクルートカードはポイント還元率が1.2%と超お得なカードです。何より年会費が永年無料にも関わらず、最大2000万円の海外旅行保険がついています。利用付帯なので旅行中に使用する必要がありますが、これはお得です。

JCBで選べば海外でJCBラウンジも利用できてお勧めです。

JCB EIT

JCB EITは年会費が永年無料にも関わらず、海外旅行保険が自動付帯でついている凄まじいカードです。自動付帯なので、海外旅行に持っていくだけで保険適用されます。JCBなので、当然海外でJCBプラザも利用できます。

注意点があります。JCB EITはリボ払い専用です使用すると分割払いになるので手数料を取られてしまいます。手数料を引かれないやり方もあるので、詳細はコチラの記事を参照ください。

参考記事:ムダ使い防止に!JCB EITのリボ払いを全額払いコースに変更する方法

年会費永年無料なので、カード決済をしなければ手数料も一切かかりません。海外旅行用として割り切ればかなりお得なカードです。

今後も良い無料のカードがあれば紹介していきますね!

JCBだって海外旅行で使えるんだぞ!

ぼくも気が付くまで盲点だったのですが、JCBカードも海外で有効な使い道があります。一枚持っていれば海外での時間を快適なものにしてくれますよ。

JCBプラザラウンジのHP

以上、【クレジットカード】海外で使えないなんて言わせない!中国生活8年の僕がやっている「JCBカード」のお得な方法をお勧めします!、、、でした。JCBを海外でも賢く使って素敵な旅にしましょう。