【マカオ】ポルトガル時代の落ち着いた街並みが色濃くのこるコロアン(路環)市区をゆったりと観光してきた!

マカオの最南端に位置するコロアン島の市街地を、日曜日の午後にゆったりと散策してきました。コロアン島はマカオ半島から5.6kmほど離れている小さな市街地です。ポルトガル占領前は海塩の産地であり、1969年以降にやっと住民が増えだした場所です。

ボルトガル時代の雰囲気が色濃くコロアン市区を、今回はゆったりと散策をしてきました。

sponsored link

コロアン 行き方

コロアン島はマカオ半島やカジノが密集しているコタイから、タクシーやバスでいくことができます。

タクシーの場合

コロアン島の観光スポットですが、エッグタルトで有名な「ロードストーズ」があるコロアン市区と、ポルトガル料理で有名な「フェルナンド」がある黒沙海岸が主なポイントです。

コロアン市区なら「路環市区」、フェルナンドがある黒沙海岸なら「黑砂公園」と伝えればOKです。

バスの場合

マカオ半島やコタイからバスで行く場合は、15・21・21A・25・26・26Aが便利です。コロアン市区は「路環市区」、フェルナンドがある海岸は「黑砂公園」でOKです。

それでは、コロアン市区のゆったり観光スタートです。

今回は、ロードスローズや教会があるEanes Park近辺を散策しました。

ポルトガル時代の名残を残していて、建物の色遣いもアジアとは思えないほど鮮やかです。

今回は徒歩で30分くらいのエリアをゆったりと散策しました。日曜日の昼下がりで、ぽかぽか陽気で最高の一日でした。

ちょうどエッグタルトで有名な「ロードストーズベーカリー」の前あたりです。皆さんお店でエッグタルトを購入して、近くのベンチや海辺で食べています。

Eanes Parkから海沿い方向を望むと、ポルトガル風の雰囲気の向こうは中国・珠海になります。今は中国に返還されたマカオですが、それでも中国人がマカオに行くには通行証が必要です。返還前は珠海からマカオはどのようにみえていたんでしょうね。

石畳の道路が旅行者をポルトガルへプチトリップさせてくれます。

中華圏なので廟も至る所にあります。廟の後ろにビビッドな建物があるのは、中国大陸ではまず見ることはできません。マカオならではの風景です。

ポルトガル時代を彷彿とさせる教会もあります。廟と教会が人々の生活に溶け込んでいます。お互いを排除するのではなく、共存をしている社会は今の争いが絶えない世界に何か重要なことを教えてくれる気がします。

海を隔てたところにある珠海は、今急速に開発が進んでいます。横琴の国境あたりは金融センターを立てていますし、写真の向こうには巨大テーマパーク「長隆」がそびえたってます。

開発が急ピッチで進む対岸は、昔から変わらないゆったりとした時間が流れています。何かに追われて生きていく人生と、本当に大切なモノを理解してゆっくりと歩んでいく人生。果たしてどちらが幸せといえるんでしょうか?

珠海を望むことができるこの場所は、そうしたグローバル経済に取り込まれた中国との対比を見ることができます。

この廟の対岸も、マンションが乱立する珠海を望むことができます。中国も経済発展に伴う生活の豊かさと引き換えに、人生を消費するために生きているような生活に陥っている人が沢山存在します。

月収の何倍もするスマホをもって、年収の何年分の車を買って、そして若い男性は結婚の為に一生を掛けて払うような住宅ローンを背負います。

日本も同じような光景がありますが、こうした場所に身を置くと、果たして消費を続ける生活が幸せなのかと自問自答してしまいます。

コロアン観光でふと感じたこと

そこそこのモノをもって、自分が幸せと思える人生をゆったりと歩むことが、実は人間にとって幸せなことではないかと、最近考えるようになっています。消費を続けた先には何も残らない。それよりは、個人がささやかにでも何かを創り出しながら、日々感謝できる人生を歩めたらなと思うのです。

マカオのコロアンに来るたびに、そんなことを考える自分がいます。

たまには喧噪から身を離して、気の向くままに散策する時間もいいものですね。

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②保険からショッピングまで海外出張や旅行に便利な13種類のクレジットカードに関するお得な情報はこちらです。

・ 海外で役立つクレジットカード13選!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~