【中国・広東】半年に10日以上の中国滞在ならお得!観光旅行や出張に便利な中国聯通のインターネット専用プリペイドsimの契約手続きを紹介します!

シェアする

p_20161108_172245

どうも!のぶさんです。

突然ですが、中国旅行でインターネット接続に困っていませんか?

海外旅行で最重要と言っても過言では無い「インターネット接続」。生活し慣れた日本と違い、中国をはじめとする海外旅行では、何かあった時に直ぐに調べものができる環境に身をおいておきたいですよね。

最近は、海外で使用できるWi-fiルータも日本でレンタルできるので、海外旅行や出張でもインターネットが自由にできるようになりました。

⇒グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~

今回は、中国で直接購入できるプリペイドsimについて紹介します。これを購入すれば、お手持ちのsimフリースマホでインターネットが直ぐにできます。

中国へ頻繁に出張や旅行する方で、毎回wi-fiをレンタルするのが面倒な方は必見です!

sponsored link

中国聯通(China unicom)で半年有効のインターネット専用simを購入したよ。

p_20161108_170843

今回は、ぼくが普段生活をしている広東省佛山市の順徳区にある「China unicom」でsimを購入しました。

なんでかって?

インターネット専用simは全国で使用できますが、契約内容によって省内外でそれぞれ容量が違います。ぼくは普段広東省にいるので、広東省内の容量が多くないと困ります。

なんで、今回は広東省で購入しました。(上海で購入すると、上海内の容量が多くなります)

契約に必要なモノはパスポートとお金のみ。

p_20161108_165426

近年は、銀行口座を開くときには滞在ビザが無いとNGといった事例もあり、simも外国人では契約できないのでは?と心配になってしまいます。

ぼくは労働ビザをもっていますが、これまでsimを購入する際にビザをチェックされたことはありません。パスポートとお金さえあれば、その場でsimカードを発行してくれます。

今回はパスポートコピーの他に写真を撮られましたが、住所などの記入は一切ありませんでした。

今回購入したsimは半年期限で320元でした。

p_20161108_172245

店員さんにインターネット専用simカードを購入したいことを伝えると、直ぐに専用カウンターに通してくれました。※これはお店によって違います。上海で購入した時は、番号札を取って並びました。

当然ながら中国語での会話になるので「我要买无线上网卡※ウォーヤオマイウーシエンシャンワンカー」と言いましょう。事前に紙に書いていけば絶対に伝わります。

※セットにはいくつかありますので、「全国通、半年」と追記しておけば、中国全土で使えるsimを用意してくれます。

今回、ぼくが購入したsimは下記の通りになります。

①全国使用可能 半年期限 インターネット専用simカード
 ・320元(約5000円)
 ・広東省内15G、省外3G

ぼくは、このsimをUSB式のインターネットカードに使用しています。

尚、ぼくが使用しているASUS Zen fone 2 Lacerにも入れてみましたが、しっかりとインターネットに接続できました。