【中国・深セン】華強北路電脳街の格安ホテルなら賽格電子市場の向かいにある「莫泰268」がおすすめ!

中国の深センと言えば、香港の隣にある新興都市として知られています。そして深センには日本の秋葉原をも凌ぐ世界一の電脳街「華強北」があります。

華強北は大小のお店が集中している場所で、スマホやドローンは勿論のこと、パソコン関連のパーツまで何でも揃う凄まじい場所です。個人的にはコネクタやハーネス類が大量に置いてある場所が好みでしたけどね。

そんな華強北電脳街ですが、ガジェット好きにはたまらない場所だと言えます。それこそ、何日でも見飽きないほどモノがあふれているカオスな地域です。

日帰りで華強北はもったいない!絶対に泊まりで散策したい、という方にお勧めのホテルを今回は紹介します。電脳街の向かい側にあるので、超便利です。

sponsored link

華強北路 莫泰268 行き方

華強北電脳街にある莫泰268は、電脳街でも特に有名な賽格電子広場の深南大道を挟んだ向かい側にあります。ホテル近辺は地下鉄が多く乗り入れていますが、羅湖国境からだと1号線で華強駅で下車して、D出口から出るとホテルに一番近道です。

このD出口から出ると、徒歩2分もすればホテルになります。

ホテル名:莫泰268(深セン華強路地下鉄店)
住所:深セン福田区深南中路2081号 (賽格電子広場向かい)

ホテルからの景色です。目の前が有名な賽格電子広場になります。これなら朝から晩まで電脳街を散策することもできます。何より直ぐ近くなので、休憩をしにホテルに戻るのも簡単です。これは超絶便利です。

莫泰268

地下鉄1号線「華強路」のD出口からでて真っ直ぐ進むと、右手側にセブンイレブンが入っている赤尾ビルが見えてきます。その赤尾ビル沿いに真っ直ぐ進むと、建物の切れ目に駐車場が広がります。

その切れ目にそって右に曲がるとホテル入口が見えてきます。

ホテル入口の正面から撮った写真です。入口に「莫泰酒店」と看板が出ていますので、直ぐにわかると思います。なお、ホテルは莫泰268以外に頤和ホテルも一緒に入居しています。

入口手前の受付は、頤和ホテルになります。莫泰268の受付は入口から奥に入ったところにありますので気を付けてください。ぼくは最初わからずに頤和ホテルの受付に行ってしまい、「予約がないぞ!」って散々言われましたから。

こちらが莫泰268の受付になります。中国の銀聯カード以外にも、VISA、マスター、JCBと国際ブランドが使用できます。このあたりは上海や広州より進んでますね。アメックスだってOKです。

中国のホテルではデポジットが必要ですので、現金かクレジットカードでデポジットを支払います。チェックアウト時に返金してくれますが、現金だとかさばるのでクレジットカードがあると便利です。

中国に8年以上住んでいるぼくが使っているカードたちは、下記の記事で詳しく紹介しています。

参考記事:【クレジットカード】中国生活8年の僕がオススメする海外旅行で使える「JCB」のお得な使用方法です!

受付を済ませたら、エレベーターで部屋に向かいましょう。

お部屋内部

今回は予約サイト「Ctrip」で、ビジネススタンダードルームを予約しました。土曜日でしたが、一泊275元(約4,500円)でした。日にちによって中国人しか予約できない日があります。この日は幸い予約ができました。

お部屋はこじんまりとしていますが、圧迫感はなく落ち着いて過ごすことができます。

ベッドは清潔感がありますので、変なにおいとかはしませんでした。大きなベッドでゆったりできると旅の疲れも吹っ飛びますよね。

ベッドから部屋の入口方向を見た図です。テレビと作業デスクがあります。冷蔵庫も完備されていますが、冷蔵庫はちょっと匂いました。神経質な人には向いてないかもです。

電気ポットとミネラルウォーターが2本おいてあります。コーヒーなどはありませんので、必要な方は近くにあるセブンイレブンで調達すればよいでしょう。

洗面所はシャワールームとトイレは分かれています。トイレは当然ながら、ウォシュレットではありません!ウォシュレットが好ましい方は、我慢するかもう少しグレードが高いホテルを探してみてください。

翌朝に部屋の窓から撮った写真です。有名な電子ビルの賽格電子広場が目の前にあります。これだけでも宿泊する価値はありますよ!

周辺お役立ち情報

便利とは言えどもそこは中国。異国なので言葉が通じないと不自由するものです。ホテルの近くにあるお店をざっと紹介します。

セブンイレブン

ホテルが入っている赤尾ビルには、セブンイレブンがあります。ここなら食べ物から飲み物まで何でも揃います。24時間営業なので、小腹が空いた時でも大丈夫です。僕が利用したときは、インド人らしき男性たちが買い物していました。結構インターナショナルな界隈なんですね。

マクドナルド

赤尾ビルの切れ目をホテル側に曲がらずに、30秒ほど東に進むと右側にマクドナルドが見えてきます。マックは万国共通なので、ホテルの近くにあると本当に重宝します。

吉野家

個人的には超絶オススメの吉野家です。地下鉄「華強路」のC出口から出ると一番近いです。ホテルから行く場合は、ホテル前の深南大道を西側に進みましょう。

地下鉄C出口を超えると左手に飲食店が並んでいる場所があります。その一角に吉野家があります。

参考記事:【中国・深セン・華強北路】地下鉄華強路近くで電脳街からすぐそこにある「吉野家」で牛丼を堪能してきた。

華強北路で宿泊なら莫泰268がおすすめ。

世界最大の電子街である華強北路は何でも揃っているので、日帰りでは物足りないかもしれません。そんな時は、今回紹介した莫泰268(深セン華強路地下鉄店)がおすすめですよ。

ホテル名:莫泰268(深セン華強路地下鉄店)
住所:深セン福田区深南中路2081号 (賽格電子広場向かい)

以上、【中国・深セン】華強北路電脳街の格安ホテルなら賽格電子市場の向かいにある「莫泰268」がおすすめ!、、、でした。電脳街、確かに凄かったわ。

海外旅行に役立つ予約サイト&ツール

①日本からでも予約サイトを使うと簡単にホテルが予約できます。中国のホテルを予約する場合、ぼくはCtripをメインで使っています。日本語も対応しているので便利です。

・   中華圏の人気ホテルが安い! Ctip(シートリップ)

・ 早割・直前割引プランも満載!【Agoda】のお得な海外・国内ホテル予約

・ 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

ぼくは初めて泊まるホテルの場合、「トリップアドバイザー」で宿泊客の口コミを確認するようにしています。事前に確認しておくと安心なんですよね。

②保険からショッピングまで海外出張や旅行に便利な13種類のクレジットカードに関するお得な情報はこちらです。

・ 海外で役立つクレジットカード13選!

③ネット関連
中国はネット接続に制限があるため、youtubeやグーグルマップを使用できません。VPNと呼ばれるサービスを使えば、日本と同じようにグーグルで調べものができます。勿論、youtubeやラインだって使えます。ぼくも中国ではVPNを使用しています。



・ 中国でもyoutubeやグーグルが使えるセカイVPN

日本出国前にルーターもレンタルしておけば、中国到着後すぐにネットが使えます。事前予約しておけば国内の空港で出発前に受取できますよ。

・ グローバルWiFi 海外パケット定額 1日380円~